死去ネット

日高晤郎

ひだか ごろう
1944 - 2018
芸人 ラジオ パーソナリティ 歌手 俳優
日高晤郎さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
5日前 ID:271338
今月も天国で再会をしたフアンとクリスマスディナーショーしてね
5日前 ID:271337
お悔やみ申し上げます
2018.11.15 ID:266919
本当の「語り」ということを突き詰められた偉人でしたね。時には辛辣な、時には乱暴なことも言われてましたが本来の「メディア」が語るべき「物事の本質を問う」ことを歯に衣着せないコメントでぶった斬るのが大好きでした。また高校時代には「私の本棚」が読書の指針だった。
乱暴だとか粗野だとか批判されている方も多かったですが、自分の心に素直に表現されていたのは逆に清々しささえ覚えたものです。
仕事に一生懸命なあまり病魔に打ち勝てないのは同じ団塊世代・その意志を継ぐ末裔として分かりますが、せめてあと5年は長生きして欲しかった。米寿になって晤郎ショー大団円を飾ってほしかった…
                         合掌
2018.11.08 ID:265606
晤郎さん、北海道では9月6日に胆振東部(安平町など)で震度7の地震が発生し、2ヶ月経った今でも地震の爪痕が残っています(被災地の多くの住民が仮設住宅で過ごしていること、札幌市内における液状化など)。
どうか、晤郎さんも天国で地震からの復興を願っていてください。
2018.10.24 ID:262896
中村千恵子
ごめんなさい…
やっとやっと近くまで来れました。
会えなくてごめんなさい。
2018.09.20 ID:257571
お彼岸です。天国でもゴロウショーをお客さんと再会をしてしてますか⁉ 
2018.09.20 ID:257487
地に足をつけて闘うこと

弱音を吐かず生きること。

このページにも感謝します。
酔狂、ならばすまない。
2018.09.20 ID:257482
youtubeであなたの言葉を改めて聴ける時代です。
日々、幸せ感じ上手にやっていきます。

明日も
頑張り過ぎず、怠らず、諦めず。

出会えた事に、ありがとう。

2018.09.15 ID:256483
ラジオ長く聞いていました
いつかスタジオに行こうと思いながらも行けなかった
今までありがとうございました
ゆっくり休んでください
2018.09.14 ID:256316
ウェーブ
『晤郎ショー』3回観覧行きました。最初に行ったときは「こんな小さなスタジオでやってるんだ。」と思いましたが、放送終了後握手していただきました。あたたかい人だなと思いました。2回目もスタジオ。3回目は8ヶ月後にホール公開でSTVホールへ。楽しかったです。行ったのは中2~中3のとき(1996年~1997年)で、高校へ行って卒業して働いてからは全然聴けなかったけど、新聞のラジオ面だけは必ず見ていました。1996年5月11日、9月7日、1997年5月3日は一生忘れません。アシスタントさんへの対応も好きでした。最初に行った2人はそれぞれ結婚しました。(僕は独身ですが。)あらためて心よりご冥福をお祈りします。アイドルのラジオを聴きながらスタッフさんは作業されているようです。吉川 典雄アナウンサーを麻生で見たので、晤郎さんももう1度見たかったです。本当にありがとうございました。
2018.07.25 ID:247742
どうか妹を救ってください
お願いいたします
2018.07.11 ID:245309
ありがとう
2018.07.10 ID:245306
ありがとう
2018.06.15 ID:241682
キムチ
ラジオもっと聞いておけば良かった。
一方的な意見が多くて、あまり好きではなかったけど。死んだ親父と被る所があった。
唔郎さんって声かけたら握手をしてくれた。
カッコいいおじさんでした。
ありがとうございました。
2018.05.26 ID:238850
まだ、信じられん。
2018.04.09 ID:232057
吉川のりおでは荷が重過ぎると思います。
2018.04.06 ID:231280
早いんじゃないですか?
もう少しだけ待っててくれてもよかったんじゃないんですか?
本当に居ないんだと、受け入れるのにはまだ時間がかかるかもです。
ありがとうございました。
これからは、ゆっくり休んでください。
そして、どこかで色々と教えてください。
さようならとは言いません。
また、こんど。
2018.04.04 ID:231098
桃のくまさん
いつかは、この日がやって来るとは思っていましたが・・・早すぎですね・・・。このHPに名前が載るとは、思ってもみなかった。
あの土曜日の楽しそうな声は、もう聞けない・・・当たり前のように土曜日に聞こえた声は、もう聞けない。

今頃は雷蔵先生や勝先生に出会ってる頃かな?

今まで本当にお疲れ様でした。そして、楽しいラジオをありがとうございました。

お悔やみ申し上げます。

2018.04.03 ID:230886
お悔やみ申し上げます
2018年04月03日に亡くなった人