死去ネット

岡野繁蔵

おかの しげぞう
1894 - 1975
南洋の貿易王 衆議院議員
岡野繁蔵さんについて
岡野繁蔵先生は、明治27年(1894年)6月4日、当時は志太郡青島村字新屋敷といった地に三人兄弟の末子として生まれました。まだ20歳になったばかりの大正初期からオランダ領東インド(現・インドネシア)に渡り、雑貨貿易と百貨店経営にたずさわりました。そして、『青島町誌』によれば、わずか36歳にして「南洋の貿易王」と称されるに至ったといいます。

その後、太平洋戦争の激化で日本本土に引き揚げることになりましたが、戦後は衆議院議員やカレー店経営など様々に活躍していたようです。“希望に起き、感謝に眠れ”が信条で、“国や郷土の為に貢献された”人生だったそうです。昭和50年(1975年)、81歳で亡くなりました。
岡野繁蔵さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
20時間前 ID:292902
卒業写真
桜が咲き始め私の体調も順調に回復しております。
さすがに今年の春スキーは諦めましたが、折角履いたスタッドレスタイヤを脱いでしまうのは何だか寂しい気持ちです。来年は必ず行きたいと今から決心したりしています。
以前にも書きましたが、人間は幾つになっても昔の思い出を鮮明に覚えているものだと改めて驚いています。それも同じ次元の感情を伴って。春の季節はなおさらです。

2019.02.21 ID:286072
カーペンターズのチケット
手術成功しました。ありがとうございます。
まだ当面安静を余儀なくされますが、このサイトには伺えそうです。春の気配を感じながら様々な思いを巡らしております。

2019.02.08 ID:282076
クラブハウスサンド
来週の中旬から癌研に入院し手術をします。十二指腸なので難しい手術になるらしいですが、優秀な先生ですので信じています。
暫く留守になりますが、また元気になったらここに戻ってきて岡野先生にご報告します。
では。

2019.01.09 ID:276756
陸上部マネジャー
明けましておめでとうございます。
本年は様々な変化が予測されますが、是非世界中が良い方向への変化を遂げられますように。
私個人としては、春までは病気の治療に専念し、健康回復を実現したいと思います。早く暖かくなって欲しいものです。
2018.12.25 ID:273963
大津波
先生の第二の故郷インドネシアで津波被害が発生し大勢の被害者が出ました。心よりお見舞い申し上げます。
2018.11.06 ID:265195
青山の銀杏
昨日、明治150年記念の施策の一つである明治記念大磯邸園の公開に参加してきました。
大磯邸園、滄浪閣には明治期の立憲政治の確立に重要な役割を果たした伊藤博文や大隈重信の邸宅等の歴史的遺産が数多く残されています。大磯は明治18年に初めて療養を目的とした海水浴場を開設し人気を博すとともに、明治20年には大磯駅が開業したことで別荘地として急速に発展したそうですね。
その大磯に伊藤博文、山縣有朋、大隈重信など8人の総理経験者が別荘や邸宅を築いたことから「明治政界の奥座敷」などと呼ばれるようになったそうです。
時代は多少異なりますが、先生も訪れたことがあったのでしょうか。滄浪閣の内覧で感慨深い時間を過ごしました。
2018.10.10 ID:260753
送る会
先日私の第一の経営学の師匠である高原慶一朗氏が逝かれました。11月29日に送る会に行ってきます。
先月に第二の師匠である樫尾和雄氏の送る会に行ってきたばかりです。今年は師匠を送る年になってしまいました。
高原慶一朗氏に関しては、社長秘書をさせていただき帝王学の伝授を受けた方です。厳しい方でしたが、根っからの負けず嫌いで勉強家でした。おかげで社会に出てから大学院や海外で勉強する機会を与えていただけました。感謝の思いでいっぱいです。両氏のご冥福をお祈りします。
2018.09.25 ID:258388
湯島天神
一昨日、三男が湯島天神で華燭の典を挙げました。甘えん坊だった三男も、独り立ちし親としては一安心です。
実は私個人としては湯島天神を訪れるのは今回が初めてでした。私が今でも大切に持っている湯島天神のお守りは、私の大学受験の時に先生のお嬢様から頂戴した物です。涙が出るほど懐かしいです。
2018.08.27 ID:253175
馬事公苑テニス
先週、息子が仕事で関わっている関係でチケットをもらい、上野の東京都美術館で藤田嗣治の絵画の世界を堪能してきました。
岡野先生より8歳年上ですが、先生と全く同じ81年の長い人生をスランプなしに描き続けた稀有な画家ですし、激動の時代に数奇な運命を辿った画家です。
藤田嗣治の言葉に、
「私は、世界に日本人として生きたいと願ふ、それはまた、世界人として日本に生きることにもねるだらうと思ふ。」
とあります。
先生と同じ思いで生きておられたのでしょう。

2018.07.30 ID:248764
夏の思い出
昨日、高校野球の東東京大会決勝戦を観戦しました。愚息の母校、都立小山台高校を応援していましたが、惜しくも逆転負けし、準優勝となりました。公立高校でここまでこれたことだけで素晴らしいことです。文武両道を体現している彼らにエールを送ります。
奥様が毎年高校野球をご覧になって、感動に涙していた話を聞いたことがあります。懐かしいです。
2018.07.13 ID:245640
ベージュのスカG
今年も命日が近づいてまいりましたが、青山墓地へ伺えません。心よりご冥福をお祈りいたします。
2018.06.18 ID:242126
タータンチェック
先週から伊豆の家に来ています。ほとんど毎日雨で趣味の釣りが出来ずに残念です。それでも海にいる時は心が和みます。
2018.06.13 ID:241429
東急バス
昨日用事があって三軒茶屋方面に行きました。帰りに40数年振りに三軒茶屋から田園調布行きのバスに乗って自由が丘まで帰ってきましたが、とても懐かしい思いに浸りました。
自由が丘のバス停で偶然に出会った日が今でも鮮明に蘇ります。
2018.06.04 ID:240167
椎間板ヘルニア
私は高校三年生の夏に椎間板ヘルニアを患いました。今振り返れば、このことがその後の私の人生に大きな影響をもたらすことになりました。受験を控えていたので、入院を半年以上遅らせてしまい、2か月近く入院することになってしまいました。勉強にも大学にも全く興味を失ってしまったあの頃が今でも悔やまれます。
そろそろ梅雨の季節です。あの頃の憂鬱がふと蘇ります。
2018.04.02 ID:230746
シトロエンGSクラブ
新年度が始まりました。今年度は個人も国家も平和裏に繁栄したいものです。
私は車好きで、これまでに何台もの車を乗り換えてきました。
自分では所有したことはありませんが、フランスのシトロエンGSクラブは個人的に非常に懐かしい車です。個性がはっきりしていて良い車でしたね。
以前はイギリス、今はドイツの車に乗っていますが、どちらも日本車にはない素晴らしいところがあります。先日春スキーに車で行ってきましたが、雪道をガンガン走らせても安心でした。
また、これからの季節は船での遊びが楽しいですね。小型船舶の免許を取得したのは相当以前ですが、頻繁に乗ることは老後の楽しみにしていました。先生を偲んで野尻湖でも走らせたいものです。

2018.03.28 ID:230109
先生を知らずに育ちました
資料を調べる機会を得て
先生の功績を知る事が今さらながらできたこと
感謝します。

2018.03.06 ID:227070
グレーのベスト
先週の週末、ポカポカ日和の中、多摩川の河原を一人で散歩してきました。二子玉川あたりの風景は随分と変わってしまいましたがあの頃の懐かしい風の匂いはそのままです。頭の中をユーミンの曲が流れ夢の中にいるようです。景色が滲んで見えました。
2018.02.27 ID:226162
銀色のインク
私の父も静岡県出身でした。先生が静岡県出身であることを知ったのは私が社会に出てからです。ですから父とは一度も先生のことを話題にしたことはありませんでした。
今思えば、お嬢様と互いの親の出身地を話題にしなかったことが残念です。何かが変わっていたかもしれません。
父も裸一貫で東京に出てきた苦労人でした。
2018.01.19 ID:220868
1月12日生まれ
新年明けましておめでとうございます。
早く暖かくなって欲しいものです。
2017.11.16 ID:207536
カメオのネックレス
早いもので、もう11月も終盤になってきました。
私にとって今でも11月29日は特別な日です。
この季節になるとやはりあのころが懐かしく、今でも青春の日々を思いだします。幸せを祈ります。
2017.10.12 ID:202503
自由が丘で・・・
私がまだ若いころ、岡野先生のことを国会図書館で色々と調べていました。ある日、図書館の係りの人に先生のある資料のコピーをお願いしたところ、「この方は波乱万丈な人生を歩まれた方なのですね」と言われ思わず頷いたことを今でも覚えています。
ご冥福をお祈りいたします。

yujiusui107@gmail.com
2017.10.10 ID:202188
シーリングワックス
長年サラリーマンとして企業に勤めてまいりましたが、ようやく独立の決心がつきました。歳をとってしまいましたが、先生を見習って不退転の覚悟で自分のしたかった仕事に残りの人生を託したいと思います。そして将来は政治の世界にも関わりたいと考えています。心の中で先生のご助言をお願いいたします。
2017.09.08 ID:198006
ホットミルク
ラニさん、お焼香と書き込みありがとうございます。先生のお嬢様がアメリカへ嫁がれたお話しは聞いたことがあります。
貴方はお孫さんなのですね。ここでお会いできてとても嬉しいです。カレー味わいたいですね。
2017.09.07 ID:197926
ラニ
ラニと申します。岡野繁蔵の孫です。私の母が繁蔵の娘で、アメリカ人男性と結婚しました。岡野カレーを味わいたいです。
2017.09.04 ID:197586
渋谷公会堂
渋谷公会堂は現在建替え工事中です。毎日バスで横を通っています。あの公会堂は、私にとって大変懐かしい場所です。高校生の時、初めてのクラッシックコンサートを聞きに行った懐かしい場所です。大切な人と二人で。
2017.08.29 ID:197009
ホットミルク
先生が経営なさっていたサモワールオカノのカレーレシピはどなたにも伝授されなかったのでしょうか?今思えば、当時の日本にはチェーン店展開のノウハウがなかっにもかかわらず、缶での保管やデイバリー手法を含め、カレーの味の標準化をされていた先生はやはり相当な先見の明があられましたね。レシピが伝授されているのであれば是非教えていただき私がサモワールオカノの復活をしたいと思ったりしております。懐かしいです。
2017.08.22 ID:196155
二人の天使
野尻湖から連れて帰った犬にノジという名前を付けて可愛がっていたことを聞いたことがあります。
私も子供のころからいつも犬を飼ってきましたが、可愛いですね。別れは辛いですが、それ以上に、彼らから受ける愛情には素晴らしいものがあります。
2017.08.09 ID:193617
葉山の海岸
何だか先生のこのネット空間が、私にとって居心地の良い、ほっとするような空間になってきてしまいました。先生のネット墓地を作成した私の目的からはずれてしまいますが、これからも独り言や思い出話を呟ける場所にさせてください。
合掌
2017.08.09 ID:193597
ベージュのライター
岡野先生は野尻湖の別荘開発にも貢献されたと聞いております。何度か訪れたことがありますが、春夏秋冬を通じ素晴らしい環境の別荘地ですね。岡野薫子さんのエッセイにも当時の先生の別荘の様子が詳しく書かれていました。先生のお子様たちも、お休みの度に別荘に行かれていたことをお聞きしたことがあります。私も是非野尻湖周辺に別荘を構えたいと思いますが難しそうです。
2017.07.27 ID:191264
レピドール
私の愚息は東京芸術大学の美術学部を卒業しています。今も芸術系の仕事で頑張っています。
彼は高校2年生の時に、芸大に行きたいと言い出しました。
私はその時に迷わず放課後に「御茶美」に通うことを薦めました。何の知識も情報も無かったのですが、自分の青春時代の甘酸っぱい思い出の中に「御茶美」だけは明確に残っていました。複雑な思いで見守っていましたが、彼は見事に合格しました。何かに取り付かれたように毎日努力している彼を自分の青春とダブらせて応援している自分がそこにはいました。何か運命みたいなことも感じながら。
お父様が美術品が大好きだから、お父様を喜ばせてあげたいから、と言って様々なことを犠牲にし、芸大を目指して努力していた大切な人を今も忘れません。その人は貴方のことが大好きでした。
2017.07.25 ID:191062
真っ白なハンカチーフ
過去の思い出を振り返ることがとても楽しく感じられます。
年を取って、将来に不安を感じたり、大きな夢を追いかける事に魅力を感じなくなったり、今私は人生の最終コーナーをいかに楽しく送るかを考え出しています。そんな時、昔の楽しかった思い出にしばらく思いを馳せる事は実はとても大切なことだと思い出しています。人生の最後は自分が一番輝いていた時の事が鮮明に思い出されるらしいですね。
2017.07.21 ID:190495
亀のバッグチャーム
百貨店の名前を「千代田」にした理由は、当時日本を代表して海外に渡った岡野先生が、江戸城=千代田城からだったのですね。
やはり日本が恋しかったのでしょう。
「日本の飛石となれ」という言葉を胸に孤軍奮闘された姿をもっと日本人に知ってもらいたいと思っております。
2017.07.20 ID:190366
時間割
「南洋の生活記録」に書かれている、世界のラックス石鹸を天才的なマーケテイング手法を用い、ジャワにおいてあっという間に自社ブランドで逆転してしまった事実は、ハーバードビジネススクールのケーススタディになってもおかしくない歴史的快挙です。マーケティングを学んできた私としては当時学問として存在しなかった手法を次々に繰り出す先生の天才的手腕には唸るばかりです。
2017.07.16 ID:189972
碓井裕二
本日の命日にあたり、心より哀悼の意を表します。
2017.07.03 ID:188587
碓井裕二
今年も命日が近づいてまいりましたが、残念ながら青山の墓地へは伺えそうにありません。
慎んでご冥福をお祈りいたします。合掌

               yujiusui107@gmail.com
2017.04.20 ID:181036
碓井裕二
人生は、なんと悲しく、また愚かしく混乱したものだろう。愛もまた、むなしい。人間はお互いに好意をもっていながらも、めいめい別々に自分の運命を、自分だけの不可解な運命を生きなくてはならない。互いに助け合い、身近にいたいと思っても、意味のない混濁した悪夢にうなされているときのように、思い通りにすることができない。

ゲルトルートより
2017.04.19 ID:180960
碓井裕二
あなたは深いところで、とてもよく知っていました。たった一つの魔法、たった一つの力、たった一つの救いがあることを。それは「愛すること」だということを。

ヘルマン ヘッセ
2017.03.07 ID:176732
碓井裕二
岡野繁蔵先生のご令嬢であられる旧姓岡野江美さんとは青春を共に過ごさせて頂きました。
江美さんのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
2017.02.03 ID:173209
松永嘉郎
私の親爺は 若い頃 岡野さんに 南洋に来て 仕事をてづだえと 度々勧められたが、行かなかったが、とても行きいと思ったと。二度目の衆議院立候補の時 我が家を訪ねられて
一度だけお会いしました。短かったが、声も聞きました。
それで南方周紀の著書があると 図書館で探したが、近くの図書館にも無かったので、小豆島の出品者から 定価3円70銭の古本を一万円で買いました。甥が藤枝にいるらしく 商業学校の先輩です。
2017.02.01 ID:173035
碓井裕二
一度で良かったのですが、直接お話をしたかった方です。
様々な著書や映像を拝見しました。
ご苦労も多かったでしょうが、波乱万丈な人生は大変魅力的です。
2017.01.30 ID:172836
お悔やみ申し上げます
1975年07月16日に亡くなった人