死去ネット
2018年08月24日サーバーの不具合について

冨田春喜

とみた はるき
1905 - 2005
警察官・百姓
冨田春喜さんについて
熊本県。熊本日豪協会理事冨田巖(二男)の父。戦国武将冨田安芸守家治の末裔。

春喜のご先祖は安芸守長男飛騨守家朝の末裔、天正15年7月28日佐々成征と隈部親永との検地方法をめぐり国衆一揆を起こし城主隈部親永を城村城(日輪寺の西側)に逃れるための時間稼ぎのため父子が隈府にて討ち死にした。安芸守の妻は鹿央姫井村へ、飛騨守の妻は守山城の北側の山中の小楠野へ逃避、隠れ住んだ。その末裔が上永野へ墓守で平助の名前で定住。ご先祖は源→宇野→隈部→宇野→冨田姓に、血統は隈部家、宗家は宇野家の御先祖。

冨田安芸守家治・冨田飛騨守家朝父子の正式なお墓
冨田春喜さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.03.30 ID:230357
冨田 巖
2017.12.10 午前11:30より上永野自宅にて 母ヌイ 父春喜 
安芸守家治・飛騨守朝家 (430回忌)の物故者四人の合同仏事で供養に勤めました。

出席者は大分 三人 熊本二人 隣 矢谷 長谷川 家族三人
安芸守の次男末裔夫妻
2015.02.22 ID:139378
冨田 巖
裏の山を登記料負担条件で信子さんから譲り受けたので、「走ってさるけるように」拡張工事を昨年9月から2月にかけて、スコップと一輪車を使って竣工しました。ご報告まで(合掌)
2014.10.03 ID:135072
冨田 巖
哀悼の誠を捧げます
2014.10.03 ID:135066
お悔やみ申し上げます
2005年12月11日に亡くなった人