死去ネット
2018年08月24日サーバーの不具合について

山口洋子

やまぐち ようこ
1937 - 2014
作家 作詞家
山口洋子さんについて
山口洋子さんは昭和32年に19歳で女優としてデビューしたあと、作詞家として活動を始め、五木ひろしさんの「よこはま・たそがれ」や石原裕次郎さんの「ブランデーグラス」など数々のヒット曲を手がけました。
そのあと小説の執筆にも活動の場を広げ、昭和60年には「演歌の虫」と「老梅」で直木賞を受賞したほか、恋愛にまつわるエッセーなども数多く手がけました。
その一方、東京・銀座で飲食店を経営し、この店を舞台としてプロ野球をはじめ、さまざまな分野の著名人と交流を深めたことでも知られています。NHKNEWS
山口洋子さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.07.25 ID:247879
矢吹健「うしろ姿」作詩の山口さんを思い出しました!
2018.02.06 ID:223254
藤圭子の「京都から博多まで」のアンサーソング「私は京都へ帰ります」聴いてて泣ける。
2014.09.15 ID:134590
お悔やみ申し上げます
2014年09月06日に亡くなった人