死去ネット

湯山弥五右衛門

ゆやま やごえもん
1650 - 1718
江戸中期 相模国足柄上郡川村山北名主
湯山弥五右衛門さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.06.14 ID:241570
 私の母親の旧姓は湯山。
 母のお爺さんは湯山源兵衛といいます。湯山の一族です。
私は川村小学校の6年生(?)の時郷土の偉人湯山弥五右衛門の偉大な事業を社会見学で学びました。
 家に帰り、湯山弥五右衛門は山北を救った偉人であるということを母親に話したら、母親は湯山弥五右衛門の一族だと話してくれ、何か偉い人の末裔であることに誇りを感じました。
 時は流れて、小田原高校3年の時、弥五右衛門と同じように人の役に立つ仕事として土木事業を志し、ある大学の土木科を受けたいと担任の先生に言ったところ、「お前なんか受かりはしない!」と剣もホロホロに言われショックを受け勉強を諦め、先生に反抗してぐれてしまいました。
 76歳となった今、弥五右衛門さんのように大きな偉業は残せませんでしたが、子供、孫たちには弥五右衛門さんの優秀な血筋を受け継がせることができたのではないかとほっとしております。
2018.05.29 ID:239353
田代 孝久
お袋の爺さんは湯山源兵衛、弥五右衛門の末裔とか?
山北中学時代、社会科で山北河村を救った弥五右衛門の偉大さを教えてくれ、俺も社会に貢献する人物になりたいと思ったが夢を実現できず湘南の地でくすぶっている。
弥五右衛門は山北河村を救ったが、皆瀬川の流れを旧山北高校の近くの山を削って酒匂川に合流させた結果、大雨が降ると下流の三菱江戸川化学工場近くの大口の堤を崩壊し足柄平野に甚大な被害を与えてしまった。
この事は、あまり語られていない!が真実なのか?
2013.07.01 ID:122741
お悔やみ申し上げます
1718年11月30日に亡くなった人