死去ネット

樋口季一郎

ひぐち きいちろう
1888 - 1970
軍人 陸軍中将 ハルピン特務機関長 ユダヤ人救出に尽力 終戦時陸軍第5方面軍司令
樋口季一郎さんについて
満州特務機関長時代にユダヤ難民の救出、杉原千畝の「命のビザ」発行の2年前であった。キスカ島完全撤退の総指揮を執り、終戦時に露国の占守島侵略に抗戦指揮を執り、北海道占領を未然に防ぐ。ヒューマン将軍といわれ、エルサレムの丘にある3Mの黄金碑には、アインシュタインと共に樋口の名が刻まれている。
樋口季一郎さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
16時間前 ID:252483
ロシア語は「アンナ・カレーニナ」を完訳するくらい堪能。
その他英語は勿論のこと、ドイツ語とフランス語にも通じていた。
駐在武官として赴任していたポーランド語もマスターしようと努力していたが、「ロシア語とどうしてもオーバーラップしてしまう」とポーランド語は途中で諦めた。
ピアノや絵画にも才能を発揮。
芸術家肌の人物でもあった。
17時間前 ID:252471
ご冥福をお祈りします。
1日前 ID:252418
もっと世に知られて欲しい樋口さん。
合掌。
1日前 ID:252367
モダンボーイの一面もあった樋口さん。

合掌。
1日前 ID:252341
毎年、終戦記念日のお盆の頃
樋口さんを思い出すようにします。
合掌。
1日前 ID:252334
樋口閣下はいわゆる「モダンボーイ」の範疇に入る方だったのでしょう。
1日前 ID:252292
へぇ-、戦闘に強い唯の軍人ではなかったんですね。
キスカで助かった兵はその後どうなったんだろう。
合掌。
2日前 ID:252274
語学堪能。
数ヶ国語に通じ、ロシア語も得意としておりソ連通。ハルピン特務機関にも勤務していたことから情報将校としても有能だった。
おまけにピアノ演奏や社交ダンス、絵画も得意で外国人との社交も難なくこなすなど、マルチな才能を発揮していた。
2日前 ID:252255
合掌。
2日前 ID:252231
ご冥福をお祈りします。
2日前 ID:252209
キスカ撤退はお見事でした。
合掌。
2日前 ID:252149
樋口さんはアッツ桜を如何様にご覧になったやら。
合掌。
2日前 ID:252135
早い時期からアッツとキスカからの撤兵を軍上層部に具申していたそうですが・・願いは聞き入れられなかった。
増派や海軍の支援を希望しても聞き入れられなかった。
「アッツ玉砕」は樋口氏にとって本当に無念極まりない痛恨事であったことでしょう。
2日前 ID:252122
樋口季一郎閣下にこれからも心を寄せていきたいと思います。
2日前 ID:252102
名将には礼賛を。
合掌。
3日前 ID:252071
投稿された皆さん、ありがとうございます。
樋口さんの逸話を知れてありがたいです。
指揮官は兵隊さんを大事にしないとね。
合掌。
3日前 ID:252045
昭和18年9月に札幌で行われたアッツ島合同慰霊祭に参列した樋口季一郎は80㎏以上あった堂々たる体躯が60㎏程度までになりやつれて頬骨が出て別人のようだった。
軍部の都合で切り捨てられたアッツ島。
北方司令官として部下を救うために海軍の応援や増派を進言するも最終的に全てはねつけられて見捨てられたアッツ島の守備隊。
直属の上司として申しわけが立たなかった。
「アッツ島玉砕」は樋口の生涯の十字架となった。
3日前 ID:251999
戦後は地方都市に隠棲して表舞台に出ることはなかったが昭和42年、79歳の時札幌の護国神社に「アッツ島守備隊の碑」が建立されることになりその除幕式の時だけは老体をおして、家族の反対を「飛行機の中で倒れて死んでもいいから」と振り切って参加を果たした。
その三年後に永眠。
自室にはアッツ島の風景画が掲げられており毎日その絵画を眺めるのを日課にしていたという。
3日前 ID:251971
アッツ、キスカ、そして占守島・・。
北方司令官として苦しい日々だったと存じます。
ことにアッツ、占守島。
しかし、部下の壮絶な戦いは真に大和魂の発露であったと思います。
戦い終わって・・見せかけの平和が73年間続いてはいますが・・芯のある日本人は年々減っているように思います。
樋口閣下はこのような日本をどうお感じになっていらっしゃるでしょうか?
4日前 ID:251783
アッツ島2600人全員玉砕の話とか知っている日本人はどのくらいいるのですかね?

大本営の作戦の失敗と言ってしまえばそれまでなんでしょうが、国と家族のために自分の命も厭わず必死で戦っていた兵士たちがいたのだということだけは覚えておいて欲しいです。
4日前 ID:251769
アッツ島の山崎保代大佐以下、残存兵700名の壮絶なる玉砕。

その話を聞いたとき、涙が止まりませんでした。

5日前 ID:251643
アッツ島守備隊の壮絶な最期を聞いて樋口閣下はしばし絶句、そしてアッツに隣接するキスカからの撤退を決めたのです。
勇気ある決断でした。
5日前 ID:251605
映画化してくだされ。
合掌。
5日前 ID:251581
その根底には「人の命を大切にする」という感覚が宿っていました。
そして、勿論「日本」という国を大事に思っていた。
そういう感覚に基づいて行動されていた方だったと思います。
6日前 ID:251442
帝国陸軍の名将、樋口季一郎閣下。

6日前 ID:251436
ご冥福をお祈りします。
6日前 ID:251423
世界最強と言われた日本の兵隊さん達。樋口さんのような方になら命を預けられたんでしょう。本当に多くの国民に是非知って欲しい人物です。合掌。
6日前 ID:251395
キスカ島救出劇はお見事でしたが樋口閣下はその救出を考える原因となった「アッツ島全員玉砕」に心を痛められ、キスカ救出後に皆が沸き立つ中、(安堵する一方)一人沈んだ顔をされていたとか。
この方も本当に部下思いの方だったんだと思います。
6日前 ID:251274
「断固、反撃に転じ、ソ連軍を撃滅すべし。」

素晴らしいですね。
ユダヤ難民を助けたりキスカ撤退で兵隊たちの命を助けたりとヒューマニストの面が強調されがちな樋口氏ですが、「ここは譲れない」と感じた時には徹底して敵を叩く。
お見事です。
この采配によって北海道はソ連の手に落ちずに済みました。
6日前 ID:251223
長寿を全うされ、こちらもほっとします。
7日前 ID:251159
この方は「キスカ島撤退」においても功績を残しました。
偉大な軍人です。
7日前 ID:251125
ご冥福をお祈りします。
8日前 ID:250994
北海道がソ連に占領される恐れがあったのを未然に防いだ。

樋口さん、ありがとうございます。
8日前 ID:250992
樋口季一郎氏はソ連が占守島に上陸してきたという第一報を聞いて直ちに「断固、反撃に転じ、ソ連軍を撃滅すべし」と命令を下したそうです。
ソ連通の樋口氏だからこそ出せた決断です。
日本軍は奮戦しその結果、スターリンの野望は潰えた。
8日前 ID:250952
この方は杉原千畝より前に多くのユダヤ難民を救っていたはずです。(この救出劇にはもう一人の陸軍軍人がかかわっています。)
二人ともユダヤ世界では英雄で顕彰されているんですが日本では全くこの話は伝えられていません。
「軍人が良いことをした」と伝えると何か都合の悪いことでもあるのか情報が操作されていると感じます。
8日前 ID:250911
どれ位の日本人が知っているんだろう。
8日前 ID:250812
映画化されて欲しい樋口さん。
合掌。
2018.08.08 ID:250146
ユダヤ世界では樋口季一郎氏は英雄です。
2018.08.03 ID:249384
キスカは映画化され名作でしたが、シュムシュ島の戦いも是非。樋口さんや池田さんの功績をもっと世に広めて欲しいです。
2018.08.02 ID:249294
どなたか、樋口さんの映画化をお願いします。
2018.08.02 ID:249273
数々の逸話がある樋口さん。
是非映画化されて欲しいです。
合掌。
2018.08.02 ID:249221
もっと世に知られて欲しい樋口さんです。
合掌。
2018.07.30 ID:248846
負けたが故に悪にされている日本国と日本軍。
負け戦でも、高潔な職業軍人は居た。
その人達に光を当てて欲しいです。
召集された日本の兵隊さん達は素晴らしく戦った。
世界最強とうたわれた兵隊さん達、
日本国民を守ってくださって本当に有難うございました。
2018.07.28 ID:248542
同感です。大賛成です。
是非映画化して欲しいです。
日本映画界の関係者の皆さん、よろしくお願いします。
2018.07.28 ID:248529
素晴らしいお方でした。
この方の半生を映画化して欲しいです。
ユダヤ人を助け、北海道を守った偉大なお方です。
2018.07.17 ID:246318
池田士魂戦車隊。
素晴らしい戦闘でした。ソ連の北海道侵攻を食い止めて頂きありがとうございました。合掌。
2018.07.16 ID:246235
シュムシュ島の戦いを映画化して欲しいです。
日本軍は強かったなぁ。
2018.07.16 ID:246220
ソ連は身柄の引渡しを要求したが、助けられたユダヤ人達がそれを阻止した。日本国は世界のどの国よりも人種差別をしないお国柄。
2018.07.16 ID:246210
池田士魂戦車隊。シュムシュ島の戦いはもっと世に広く知られるべきです。アッツ島やキスカのように。
勝っていた戦闘なのに、生存者はシベリア捕虜となってしまった。残念無念。
2018.07.16 ID:246187
多数のユダヤ人を救出された功績は、誠に偉大なものです。
樋口閣下は、日本の誇りです!
2018.02.13 ID:224340
 杉原さんばかりに焦点が当たりがちですが、本来ならあなたもまた私達日本人の誇りとして称賛されるべき方です。
 謹んでご冥福をお祈り致します。
                   勝見 一樹
2016.12.02 ID:169051
北海道を御守り頂きありがとうございます。
2016.01.27 ID:153421
藤沼 則夫
靖国偕行文庫より下賜頂きました閣下の書籍を拝読、改めて、ユダヤ遺棄民救出と対ソ侵略を阻止した功績に後世日本人の一人として感謝申し上げます。    尊敬する者として安らかに、そして後世日本を見守りください。
                  日本会議小山支部
2014.06.11 ID:132103
東條英機の無我虚心
第二次世界大戦中、ナチスから多くのユダヤ人難民を救済活動に尽力されたことに敬意と感謝の気持ちを込めて心より供養致します。
2013.07.01 ID:46372
お悔やみ申し上げます
1970年10月11日に亡くなった人