死去ネット

エネボルト・ブラント

えねぼると ぶらんと
- 1772
デンマークの廷臣。友人ストルーエンセと共に処刑
エネボルト・ブラントさんについて
デンマークの宮廷から疎外されていたが、ドイツ人医師のストルーエンセを国王クリスチャン7世に近づけ、彼の登用後は片腕となる。しかし、ストルーエンセの失脚で、1772年4月28日共に打ち首の後、八つ裂きにされ車輪の上に置かれ晒された。クリスチャン7世は、二人を「助けてやりたかった」と悔やんでいたが
エネボルト・ブラントさんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.02.04 ID:222938
ID222937さん、お悔やみありがとう。ブラントもストルーエンセも、ただ理想だけでは失敗するってことね
2018.02.04 ID:222937
お悔やみ申し上げます
1772年04月28日に亡くなった人