死去ネット

野頭荘雲

のず そううん
1929 - 2017
毎日書道展参与会員
野頭荘雲さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.08.24 ID:196453
もう20年以上前の事となります。昭和62年より平成9年まで、清新の野頭先生の荘書会まで書道を習いに通っていました。懐かしい思い出です。辞めてからは時々、公園前の先生の家を、今如何なされているのかな? 畑へ行く軽トラがまだあるのかな? など遠目で車をゆるめ、通る事もありました。雑談の中で、私の寺に「狸和尚」掛け軸がある話をすると、磯部の川崎家に「狢伝説」があり、狢和尚が書いたという分けの解らぬ書の解読を依頼されたの事、それは「南無阿弥陀仏」と書かれていて、落款には津久井の雲居寺大雲和尚の印があり、郷土史を勉強する私にはとても大事な資料となりました。寺の住職なのでいつまでも習うわけにはいきませんでしたが、この度、寺の徒弟が修行から帰り、書道を習いたいとの事、いろいろ検索していましたら野頭先生の逝去を知りました。第24回荘書会書展の様子で元気な写真を拝見していたのですが・・・突然のことであったのでしょう? 40代前後の10年間でしたが、いつまでも心に残る出会いでありました。ご冥福をお祈りいたします。相模湖正覚寺住職 山田正法 拝
2017.06.24 ID:187584
お悔やみ申し上げます
2017年06月22日に亡くなった人