死去ネット

桜井孝身

さくらい たかみ
1928 - 2016
画家
桜井孝身さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.05.15 ID:183657
今日 しりました!安らかにお眠りください!
2016.10.27 ID:167091
桜井さんの思い出で、一番印象に、残っているのは、「最近、落ち込んでいるんです。」と言ったら、「良いところだけ、思い出すんだ。」と言ってくれ、これが、ずっと、今の私を支えている。このパーティは、秋山さんも、一緒だった気がする。後、もう一つ、思い出が、あるのですが、今は、言いません。この次に。
2016.08.24 ID:163286
田高孝
桜井先生とは、名古屋市長選で知り合い始め、名古屋の合宿所の階段の壁に、宗教画のデッサンのようなものを、描かれていたのを、覚えている。
次に、とある場所で、秋山裕徳太子さんとともに、お会いできた。秋山氏が、「平岡正明は、良いね。」などといわれていたのを、覚えている。先輩たちの中で、恐縮して、同席させt貰った気がする。
その後、或るパーティ、酒場だが、大勢の中で、フランスから帰国してきた桜井氏と、また、お会いでき、いきなり、私の手を取って、下で、舐めてくれ、私を持ち上げようとして、後ろへ倒れ、すぐ起き上がりざまに、ゼロ次元の加藤氏が、桜井氏に近寄り、馴れ馴れしく、肩に触れると、桜井氏は、すかさず、パンチで、加藤氏の腹を小突き、加藤氏が、私の方を見ながら、「先生のパンチは、効く」と言って、腹を抑えた。
桜井氏の元気な一面を見た気がした。
それらは、70年~80年の初頭の事だった。しばらくして、どういう訳か、桜井氏に、しばしば、春秋画廊などで、会うことがあった。98年の頃か。初めて、画家桜井氏の作品に触れることができた。それが、最後の事か、、、
この知らせを、知り、今は、目を閉じるばかり。
2016.02.16 ID:154453
お悔やみ申し上げます
2016年02月15日に亡くなった人