死去ネット

古沢三郎

ふるさわ さぶろう
1921 - 2014
幻の駅弁を製造
古沢三郎さんについて
古沢さんは、旅館業などを営んでいた朝陽館で、父栄治さんが始めたとりめしの製造を引き継いだ。SL全盛時代は、給水などで日出谷駅に列車が長く停車したため、その時間を利用して販売し、繁盛した。最盛期には、1日に100~120個売れたという。新潟日報
古沢三郎さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2014.06.18 ID:132293
お悔やみ申し上げます
2014年06月16日に亡くなった人