死去ネット

宮川俊彦

みやがわ としひこ
1954 - 2014
国語作文教育研究所所長
宮川俊彦さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.08.05 ID:192624
「きみにも読書感想文がかけるよ」がずっと手許にあり、拝読しています。

小学生向けに面白い本を先生の目線で解説してくださり、
夏休みの読書感想文の強い味方です。

たくさんの良い本との出会いをありがとうございます。
小学校2年の息子と一緒にこれからも読書を楽しみたいと思います。

先生がお若くして亡くなられているのを知り、淋しいです。
どうぞ安らかにお眠りください。



2017.05.29 ID:185125
高校生の頃、大変お世話になりました。教室に行くと閉室の時間まで議論に盛り上がり、20年経った今も懐かしく思います。先生が使うモンブランの万年筆に憧れて、バイト代を貯めて買った万年筆は今でも現役で私の手元にあります。亡くなっていらしたとは知らず驚きました。ご冥福をお祈りします。
2017.05.27 ID:184936
原(旧姓) なみき
 30年前大学生の時、先生に作文の添削者として雇っていただきました。就職してからTVで拝見し、とても有名な方だったんだと初めて知りました。その後も度々TVで拝見し懐かしく誇りに思っていましたが、今日ふとネットで検索したところ、先生がお亡くなりになっていたと知りびっくりしました。今でこそ、作文力は小学生の頃から重視されていますが、当時はそれほどではありませんでした。先生は、見る目があったのだなあ、と子供を育てながら思っていました。お早いご逝去、とても残念に思います。ご冥福をお祈り申し上げます。
2017.05.24 ID:184575
ともか
先生、天国で元気にしていますか。
小学校四年生からお世話になりました。
先生は本当に真摯に、誠実に私と向き合い、言葉をかけ、支えてくださりました。
先生覚えているかわかりませんが、不登校になる直前の私に、お前留学したらどうだ?!と言ったことがあります。
その時は引っ込み思案で英語も話せなくて絶対に無理!と思っていましたが、それから約2年後、私はイギリスに1ヶ月留学しました。
先生、私留学したよ!海外に行って来たよ、あの時言ってくれてありがとう。
そう報告のメールを入れようと思っていた矢先に訃報のメールをいただきました。
今でもあの笑顔で、よう、元気か?ってあの神保町の教室に待っている気がしてなりません。
今年の3月に8年ぶりに神保町を訪れました。
校舎が大きくなった明大、無くなってしまった向かいのコンビニ、たくさんのものが変わっていました。でもその中で、この看板を見つけました。
ああ、変わってないや、私がとっちゃまんから学んだことは、今でもここにある。そう思いました。
先生本当にありがとう。安らかにお眠りください。


2017.05.20 ID:184275
大好きな作家さんの講評で、初めて宮川さんを知りました。的確でよく理解されているとうれしくなりました。安らかにおやすみください。
2017.05.02 ID:182296
宮川さんから授業を受けて学んだ人、書籍や講演で感銘した人多数。彼の足跡は書籍や彼によって考え方や生き方が変わった方々からの ありがとう が多数
ある。
彼の人生での罪は 子どもの頃から太っているのに、それを改善しなかったことである。
自己管理をする強い意志がなかった(甘いもの絶てなかった?)。
改善すべきものを先送りし、そのツケが貯まり、60歳でこの世を去った。

しかし、あれが彼の生き方だったのか。好きなこと、得意なことをトコトン伸ばすだけ。
彼が国語でなく、数学の学者だったら、カロリーの足し算 引き算ができたのに。
彼の足跡・功績をカタチでどこかに残そう。

2017.05.02 ID:182281
宮川俊彦 読書感想文の書き方の本を見た。もしやあの一人っ子の宮川か?長野県出身 のみ。小学校ではただ一人肥満児。水泳を赤フンでさせられた。彼だけ長さ足りず足していた。中学時代はビートルズにかぶれて机をドラム代わりに叩いていた。高校は隣村の県立でなく、長野市内の長野吉田高校に。その後大学は大阪芸大に。どちらにも出身有名人にも載っていない。また、経歴を明かしていない。過去を否定して生きてきたのは学歴コンプレックスそのもの。
そこをオープンにしていれば、もっともっと大物になっていたのに。

もし、彼の足跡を残そうとするなら、日本のヘソ 小川村 夏和に 1/173 同級生
2017.04.21 ID:181221
石井と申します。先生のお話に触れられたのは娘が2年生の夏休み、特講の数日だけです。サモトラケノニケのお話に理解の薄い娘の目が輝き、、初めて先生の言葉が心に響いた作文をお見せできたので鮮明に覚えています。講義後、『心音ちゃん、これくらいの(10センチほど)サモトラケノニケをつくってきてくれないかなあ。ここに飾るぜ』と仕切り越しに聞こえた優しい言葉。 それが私たち母娘には最期の声となりました。娘は数年後、自分からとっちゃまんのお部屋行きたいと突然言い出し、遅れて訃報を知った次第です。
 あの時、素晴らしすぎる先生のお話を、どこまで娘が理解できているのかと思いましたが、覚えているのです。すべてのお話を。もちろんサモトラケノニケを見るたびに心音はとっちゃまんを思い出します。 今は先生の残された本や問題集、『1日一言だけ日記』を何度も何度も読み、書いております。ひと夏の数日でしたが、先生の声が本を読むと聞こえると言います。充分すぎるほど先生の心を娘に伝えていただき、深く感謝しております。 FP協会で最優秀賞を頂いた時も娘は『とっちゃまんに賞状を見せたい。心音のこと覚えているかな』と泣きました。
2017.03.24 ID:178503
鈴木
宮川先生、こんにちは。
また書き込みをさせていただきます。

日本国内のマスメディアの体たらくに嫌気がさし、ついに海を越えて中国まで来ました。

世界を変える一歩を踏み出しています。
いろいろキツイ事も多いですが、一歩一歩進んでいきます。
2017.03.17 ID:177804
山崎 信也
「はじめまして」となります。
私は毎日小学生新聞の読者で、毎週火曜日の先生のコラムをいつも楽しみにしていました。
個別指導塾に置いてあったのを手に取ったことから始まり、卒業後も自宅で購読させて頂いていました。
 
私は、ずっと後悔をしております。
先生の亡くなられた年の夏、東京にて先生の講習会が行われる。
いつもは学生対象の講習に、一般(学生でない)対象の講習があった。
広島からは日帰りも難しく、参加を断念しました。
その年の冬、先生は亡くなられた。

私も、先生の教え子になりたかった。
先生という人間にお会いして、先生の言葉を直接伺いたかった。
それが叶わないことになってしまい、せめて先生の生前に残された文章を胸に刻んで生きています。
先生から頂いたモノは、あまりにも大きい。
ずっと、ありがとうございます。

どうか、安らかに。
2017.03.05 ID:176521
先生のことをふと思い出し、、もしかしてネットなら見つけれるかな?と検索したら、、亡くなられたと、、
専門学校時代先生の授業を受け、先生の事務所にも何回も行って、結婚の時は、結局は来れなくはなってしまいましたが、
主賓の挨拶をお願いし、出れなくなったからと
とても嬉しいお手紙をいただき、主賓の挨拶として
読み上げさせてもらいました。
その後一度お会いしたかどうか、、

もっと連絡してお会いしていれば良かった。
と今更ながら後悔しています。

おまえは何か商売をやれ。なんでもいい、レンタル屋とかコンビニとかなんでもいいから自分の店を持つとか、そういう仕事をやるといい。と

実現は出来てないけど、その言ってくれた言葉をずっと覚えています。
褒め言葉とかでもないのかもしれないけど、なんか
おまえならできる、って言われたみたいで、嬉しかったんです。

先生にもう一度会いたかったです。

心からご冥福を
お祈りします。

ありがとうございました。
2017.02.22 ID:175260
美香
先生、会いたいです。
2017.01.06 ID:171025
神保町行ってた頃が懐かしいです。小学校から高校まで行ってました。高校の途中で行かなくなってそのままいかなくなってしまいました。BSの番組にも出させてもらいいましたね。あれから10年以上なんですね。俺はもう社会人になりましたよ。久しぶりにお話しして「大人になったなー」なんていってほしかったです。今でも千代田区のチャイムを聞くと先生を思い出します。あと何10年後かわからないけど、ご挨拶に行きます。ありがとう。もう一度くらい会いたかったよ
2017.01.04 ID:170784
お前は作家だろ?
そう言って差し出した先生の手を握った日は、10年以上前になってしまいました。
それでも、手の分厚さと、温かさと、力強さを鮮明に覚えています。
中学生だった私も、いつの間にしょうもない大人になりました。
それでも、あの時と変わらず夢を追い掛けています。
もし、叶ったら、私が本当に、作家になれたら。
その時は、きちんと報告させて下さい。
お線香をあげて、その時はきちんと、先生がもういないってことを理解しますから。
なかなか芽が出ないのが恥ずかしくて、先生に合わせる顔がないと思って作文研から離れたのが高校生でした。早いうちに一花咲かせて報告しようって。
冗談じゃないかな?って、今でもひっそり思ってます。
ちゃんと、冠とって本を出版して、そしたら必ず会いにいきますから。
にんまり、笑って下さい。また、握手して下さい。
三上は、作家だから。
あの時と同じように、周りの人に紹介して下さい。
毎回照れながら首を傾げていた私も、今度は大きく頷きますから。大きく。
2016.12.17 ID:169737
近藤 宗作
宮川さんが亡くなったのは、知らなかった。随分古い付き合いなのだが、彼とは共に映画を作ろうとしていた。彼の行く方向と小生の行く方向が違って、疎遠になった。7年前に、小生の方も難病になったので、そのままになってしまった。今思えば、残念至極だ。あのパソコン画面に、大きなメガネで打ち込んでいる姿を今も思いだす。病気もたくさん、持っていたはずだが、あの新しい書籍に立ち向かう努力は、賞賛に値する。多少のことでは、こけない男が先に行くのは悲しい。機会があれば、先行の一本も上げたい。近藤宗作
2016.11.27 ID:168690
前田
子供が通う小学校近くに、国語研があり、作文をご指導
頂きました。今、その子も高校3年生。
来春の大学入試に向け、猛勉強中です。
小論文を指導してくださる方が、なかなかいなく
先生がご存命ならと思うこの頃です。

2016.11.19 ID:168202
図書館でたまたま先生の本を手に取り、読む内にのめり込み、今このサイトにたどり着きました。

実際にお会いすることは叶いませんが、
著書から学ばせて頂きます。
よろしくお願い致します。
2016.11.02 ID:167344
阿部
先生のことを夫婦で思い出しながら、お酒を飲んでいます。
またご指導下さい。
2016.10.31 ID:167262
なにしてんのかなー。
なにしてんだろ。
実は生きてるってオチだと思ってるんだけど。
だめかね。
2016.10.07 ID:165804
先生

初めてお会いしたのはもう30年も前。
ふと先生のことを思い、御逝去されたことを知りました。

先生に出会って、自分を表現すること、もっとどんどん出して良いんだ!と、気づかせていただき、私の人生は変わったように思います。


あの時に書いた作文は宝物です。

先生にお会い出来ないのは、本当に残念ですが、先生が残してくれた著書を片っ端から読んでいきたいと思います!
2016.10.03 ID:165582
佐藤
過去、ある団体での企画で、先生にご講演いただきました。
いま、先生の授業を、これからの社会の中で生き、その社会を担っていく若い人、子どもたちにうけてもらいたいと思うようなことが、、、、たくさんたくさん社会でおきています。
自分の子どもが先生の授業を受けられるような年齢になり、いろいろと国語教室、作文教室など探していて、あまりにも早くなくなられたと知り本当に本当に残念です。

教え子の皆様が先生のご意志を継がれてご活躍されること、切に祈念しております。
2016.08.03 ID:162223
先生 ご無沙汰しています。明日、東京都の図書館研究会で先生にご指導いただいた授業の実践報告をすることになり、ネットにいまだ残る「思考の道具箱」の懐かしいお声を聴きながら振り返っています。
 恐れ多く感じながらも「先生に授業を見ていただく」という夢が叶ったその3か月後に亡くなられ、もう三回忌なのですね。
 当たり前ながら、まだまだ足元にも及びません。けれど、一人ひとりが今の状況を読解し、確実に影響を与えるやり方で表現することがますます大事な社会になってきました。
 「宮川先生だったら」といつも考えながらこれからも自分ができる仕事をしていきたいと思います。
2016.07.30 ID:161986
山口
今の政治を、先生はどうみるか、伺いたいと切に思います。
2016.06.13 ID:159794
恩田
先ほど知人から先生の著書の問い合わせがあり、ハタと2年が過ぎたことに気づきここに来ました。今でも折にふれ先生の講義を思い出し、先生の視座の確かさに畏敬の念を禁じえません。先生が常にテーマとしていた自己の他者との距離や関係は自分の永遠のテーマにもなっています。思考することへの回路にスイッチを入れてくれる先生のような存在が必要だと今更ながら思います。
2016.06.08 ID:159541
先生

今日、神保町に行きました。
大好きな先生を思い出しました。

たくさんの本が集まる神保町で、たくさんの文字を空間に感じながら先生のことを考えました。

また会いたいと思う「先生」は一人だけです。

この文章を赤ペンでさらさら添削しては、いただけませんか?

安らかに寝てないで起きてください!!
2016.05.18 ID:158761
直美
先生の講座を受け、自分の考えの浅さを思い知りました。
一度、私の勤務地に講義に来ていただきたかったのですが、叶いませんでした。 ご冥福をお祈りします。
2016.05.16 ID:158644
伊藤
亡くなって2年経って初めて知った薄情者です。
先生に初めてお会いしたのは、小学5年でした。
その後、中学にて居場所がなくなった自分が、居場所として過ごせたのが、神保町の作文研でした。
その後、紆余曲折あったけど、文章で自分の道を切り開くことができたのは、先生の教えがあったからです。

ねぇ、先生、私にも子供ができたんですよ。
先生に教えてもらいたかったなぁ。

ありがとうございました。
2016.04.01 ID:156742
何かの折に、・・じゃない いつもいつも、先生にきく、
いう。いつも私の御守り幾つになっても瑕瑾の多い私の人生です
2016.03.19 ID:156088
鈴木雅博
卒論発表時も、全生徒中唯一時間延長って言う異例の措置にもなったし。
大学に居続けたことが無駄じゃないってことも、証明できた。
自己満足と笑いたいやつは笑っていればいい。

宮川俊彦が俺の人生変えてくれたって事を、最後の最後で証明しましたよ


いろいろあったのか当時から日本一周した目的が思い浮かばなくて、なんでやったのかってここまでかいてる途中でようやく分かったっすわ。


俺は、どんな状況になっても、先生から勇気とエネルギーをもらったことを、忘れるわけにはいかなかったから
人の出会いが自身を変えて、その思いは無駄にできねえって無意識でも片隅にあったから


人生は長いようで短い
百済ねえ事に時間使えねえから
これからも証明し続けます


これからは、世界を変えるために


鈴木 雅博
2016.03.19 ID:156087
鈴木雅博
実際、すげえ頑張れた日もあったけど、長くは続かなかった
過去ってもんはこんなにも今に影響およぼすんだって気づいたときは、すでに遅かった

あの時、バイトして金貯めて、先生やもっと他の著名人にあっておけば、もっとあの頃は上に行けたはず
代ゼミで会った時もそうだ。読むべき本は何かありませんか とか、人生豊かにするために会っておくべき人はどのぐらいいいるのですか とか、聞いておけば…

今思えばあの時点で自分の限界を決めつけちまってた。ああ、固定概念ってほんとこええ
実際あの時、代ゼミで会った後、秋葉行ってゲーム買いまくるとか馬鹿なことしかしなかったし


ただね、ホントに馬鹿だった俺だったけど、後悔はしてないんですわ

だってね、在学中俺バイクで日本一周したんですよ
孤独とストレスでめちゃめちゃだったのに、わざわざ免許取って浅草まで行ってバイク買って

出発時は親から白い目で見られて、友人も信じてくれなくて
でも、終わった時は、全員がひっくり返ったよ。
ざまあみろって感じだわ

2016.03.19 ID:156086
鈴木雅博
先生、本当に死んじまったんですか?
本当は生きてんでねえのすか?
生きていたらお願いだから姿を見せてくださいよ。
俺、先生は正直、90位まで現役で行けんでねえのかと思ったよ。

でもひでえよな。実際に作文研に行って外看板しか残ってねえし。


ひでえよ
実際に明治大で今これ書いてて涙止まんねえ
代ゼミに行ったときのこと今でも覚えてる
講演会だと思って行ったら作文書く勉強会で、あん時はそんなこと判断する頭なくて
いきなり何書いていいかわかんなくて
とりあえず、書くしかねえって書いたらすげえ修正文もらって
でも、マジで嬉しかった

ただ、先生がうちの大学からいなくなった後が問題だったんだ
そう、あの東日国際大は先生がいなくなったら全くいる価値がねえってわかってしまったんですわ
実際糞だった
見せ掛けと上辺だけのハリボテみてえな生徒、教員しかいなかった
そんで、できたのにも関わらず、大学を辞めなかった
どうでもいい奴らと付き合って、マジでどうでもいい日が続いた

先生に会った時を思い出して、もっと真剣に生きなきゃだめだって一念発起しようと力を振り絞って懸命に生きた日もあった

続く
2016.03.19 ID:156085
鈴木雅博
自分は、いわき市にある東日本国際大学の卒業生で、在学中隔週で先生の授業を受けさせていただいたものです。

恥ずかしながら、先生がお亡くなりになったという事実を最近になって知りました。
まずはご冥福をお祈り申し上げます。

2001年当時、在学中に先生の講義に大変な影響を受け、実際に原宿にある代々木ゼミナールに足を運ぶまでに至り、そこでお会いした先生に「君、わざわざいわきから来てくれたのか!」というお言葉にこちらも感激したことを今でも覚えております。

大学卒業後は、宮城県の仙台市で暮らしており、今日に至るまで様々な苦労に見舞われましたが、今は間違いなく仕事と趣味に充実感を覚える日々を過ごさせていただいております。

自分は元々、内向的で気が弱く、人とうまくやることが大変に苦手でしたが、性格も変わり、10年以上も仙台で過ごせるようになれたエネルギーの源流は、当時、間違いなく先生の講義にて頂いた勇気によるものであると確信しております。

先ほど東京へ無事到着し、神保町にある事務所跡まで徒歩でやってきました。

ここに来ると、感謝の気持ちで一杯になると同時に、必ず泣いてしまいます。

続く
2016.03.07 ID:155451
先生、大変ありがとうございました。ご冥福をおいのりいたします。
2016.02.02 ID:153755
伊藤美津子
宮川先生は他者の追随を許さない独自の視点・切り口によって、これまでもこれからも、作文教育=言葉を通して社会に光を与え、迷える心に救いの手を差し伸べ続けていただきたかったです。
知りませんでした。いずれまた講座を受けさせていただくつもりでしたので、残念でたまりません。
2016.01.26 ID:153395
先生の本を読みました。教師を目指しています。作文教育についていま勉強しています。頑張ります。
2016.01.04 ID:152233
先生、ご無沙汰しております。
本日1月4日、とっちゃまんバースデーですね。作文研での日々がまた脳裏に浮かび、おめでとうとお祝いをお伝えしたい所です。親と同じような進路を目指しはじめた娘は4月には高校2年になりますが、「今まで一番神経を使った出来事」に、未だに初めて作文研の特講を受けた日の衝撃をあげてきます(笑)無類の本物の教育をありがとうございました。再び教えを心に刻み、生きて行きたいと思いますし、娘にもそうあって欲しいと願う日々です。
2015.11.23 ID:149782
宮川先生、お久しぶりです。急に先生のことをふと頭に浮かび色々と回想してここにたどり着いた次第です。私は某大学の法学部に入学し、そこで法曹になるため日々勉強を重ねています。先生にはかつて「お前は世界に飛び出すような仕事をする人間になれ」と言われましたが、先生にそう言われる前から抱いていた弁護士になりたいという夢を諦められず、今はその夢を追いかけています。先生、私はまだまだ未熟です。ですが自らの夢を諦めず一所懸命に追いかけて、必ずこの夢を叶えて立派な男として先生に夢を叶えたという報告をしたいと思っています。今後もどうぞよろしくお願いします。
2015.10.26 ID:148414
mi
先生、お世話になった息子の弁論が学校代表に選ばれました。
報告にいきたかったとのことです。
2015.10.22 ID:148162
先生、今日もショウタは中間テストです。昨夜は1時半まで勉強していて寝不足。先生に会えたら、たくさん愚痴ってだと思います。でも、頑張っています。見守ってください。
2015.10.20 ID:148097
先生、キラキラの作文が、田辺聖子コンクールに出して頂けました。先生に読んでひと言頂きたかったです。
2015.09.08 ID:146297
先生のおかげで読書感想文がすらすら書けました。
ありがとうございました
2015.08.26 ID:145669
落ち込んでばかりいたときに宮川先生の本で救われた一人です。本当にありがとうございました。ゆっくり休んでくださいね。
2015.08.10 ID:144980
sita
先生不眠不休でがんばっていらっしゃいましたね。しばらくお休みなしましたら、またひわちゃんのお孫さんのお子さんにでも転生していらしてください。
2015.08.09 ID:144935
先生に初めてお会いしたのは2002年、高校生のときです。先生が認めてくれたから、私は今も字を書き続けられています。もう一度、お会いしたかった。ありがとうを言いたかったです。先生と会わせて下さった、もう一人の先生にも。あの年に私は、生きる力を頂きました。これからも書いていきます。
2015.05.21 ID:142116
かつてお仕事をさせていただきました。ご活躍のことと思っていましたのに、驚いております。ありがとうございました。宮川俊彦先生のご冥福を心よりお祈りいたします。
2015.04.13 ID:140769
先生には沢山、お世話になりました。私が小学生から40歳までです。先生が若くて、めちゃくちゃしてた頃から知ってました。まだ奥様がいない頃カナ⁉(笑)
まだまだ先生に色々と相談したかったし、教えを頂きたかった。先生、これからも支えになってくれると言ってたのに…
私の事、理解してくれたの宮川先生だけだよ、
ありがとー❤
2015.03.11 ID:139849
先生、会いたいよ。
2014.12.31 ID:137489
上の息子は小2で参加した先生の特講で文章を書く事を理解し、この間も高校で選ばれていました。下の弟も、小学校に入学し、そろそろ先生の特講にと思い、この悲しい知らせにあいました。上の息子は、文章の技術とは違うことを習ってきていました。思春期の今、とても役に立っているように見えます。本当に悲しく残念です。もう少し、私たちに付き合っていて欲しかったです。先生にまたお会いしたいです。心よりご冥福申し上げます。
2014.12.25 ID:137314
先生
ありがとう
2014.12.24 ID:137302
例年なら冬特講のころ。1月に入ればとっちゃまんの誕生日。これから先もずっと思い出すのだと思います。
2014.11.29 ID:136574
「こんなに亡くなったのを信じられない人はいない。絶対まだ生きているよ」と娘。
普段の会話の中にも、今まで以上にちょこちょこ先生の名が出てきます。
やはり、私達親子の中では、永遠に先生は亡くなっていません。ずっと生きているのだなあと実感しています。
不思議と死してなお、一層先生が近くに感じられる気がします。
ただ、寂しいですが直接お会いできないだけ。
「ああ、とっちゃまんに会いたいな」今日も娘のつぶきやが聞こえます。


2014.09.09 ID:134410
キーちゃんまま
お世話になった子ども達も結婚し、パパ・ママになりました。来月生まれる孫もぜひ通わせたいと、ネットで検索したら先生の訃報が飛び込んできてただただ驚いております。
お蔭様で子ども達は平均より少し上の生活を営んでおります。
宮川先生の発想の転換を促す、素晴らしいご指導のおかげだと感謝しております。
先生、どうしてそんなに急いじゃったンですか?
とても残念です。
心よりご冥福をお祈りいたします。
2014.08.21 ID:133928
もう一度講義受けたいです。
大切な人を失ってしまいました。
生涯、先生を忘れることはないでしょう
ご冥福をお祈り申し上げます
2014.08.21 ID:133920
クッキー
また、会いたいねと息子と話していた矢先のことで、大変ショックを受けています。悲しくて涙が止まりません。
2014.08.21 ID:133919
また、会いたいねと息子と話していた矢先のことで、大変ショックを受けています。
悲しくて涙が止まりません。
2014.08.19 ID:133863
ayumi
初めてお会いした日、「おまえ、煙草吸うのか?じゃ、一本くれよ。」と。私18歳なのに。箱ごとくれてやるよ!!って言ったら爆笑した。…せんせーなんで勝手に死んだのよ。行くとこなくなったら作文研で掃除のババアとして雇ってやるからいつでもこいっていったじゃん。私の先生は先生だけだって言ったら照れてたじゃん。私悲しいよ。みんな悲しんでるよ。
2014.08.13 ID:133683
お盆ですね。「人の行為には目的と願いがある」周りの流れに引き込まれそうになったときとっちゃまんの言葉を思い出します。
2014.08.06 ID:133523
みゆ
夏の特講、そろそろ大阪かなぁっと思いホームページへ久しぶりに来ました。母と共に驚きでいっぱいです。まだ、信じられません。しかも、5/14は、私の誕生日でした。とっちゃまん先生、ありがとう。今年の読書感想文は誰にチェックしてもらえればいいのでしょう……  みゆ
2014.07.23 ID:133179
さっけん行ってた頃がなつかしいです。BSの番組にもいっしょに出させてもらいました。結局、中学でやめてから23になった今まで一回も会えなかったですね。もう一回会いたかったです。ありがとうございました。
2014.07.22 ID:133124
感想文本届きました。読んでいくととっちゃまんの声がして、講義を聴いているようです。
2014.07.15 ID:132982
作文嫌いの私が NHKでの放送を見て我が子達に教え 2人とも 市のコンクールで特選になりました。その感謝の気持ちを届けたいと なぜ今ごろ思ったのでしょう。昨年賞状をもらった時点で お手紙を書けば良かった。本当にありがとうございました。
2014.07.13 ID:132894
とちゃまんの感想文書き方ドリル2014予約しました。ありがとうございます。
2014.07.07 ID:132736
今年の感想文本、出版してください。
2014.07.01 ID:132569
49日を過ぎ、先生の魂は私たち地上に住む人々とは違う所にいらっしゃると思います。地球上の歴史を創った方々と深い話をしてるのかと思うと、羨ましかったりします。たまには、地上にいるシモジモの事も思い出しご指導お願いいたします。
2014.07.01 ID:132566
作文研のホームページが閉鎖になりました。いつものことがいつものことでなくなるさびしさでいっぱいです。いつもなら夏の特講を楽しみにしている頃なのに。
2014.06.30 ID:132559
あきこ
先ほど南日本新聞で知りました。先生の教えを学び続け表現することが好きな子どもたちにしたいです。本当にありがとうございました。
2014.06.27 ID:132493
小学生新聞で知りました。先生の記事が好きで、毎週とても楽しみに子どもとともに見ておりました。今日の記事で先生の訃報を知り驚いて。
言葉になりません。
ご冥福をお祈りいたします。
2014.06.25 ID:132460
先生、本当にありがとうございました。
亡くなったことが信じられません。
フラッと竹橋にいったら会えそうな気さえします。


先生の眠っているお墓が分かったらどなたか教えてください。
お線香を供えにいかせていただきたいです。
2014.06.19 ID:132314
宮川先生のフェイスブック回復するといいなあ。毎日チェックしてます。
2014.06.18 ID:132286
随分ご無沙汰 をしてしまいました。神保町でお世話になっていました長男が小1から中3まで宮川先生の元で書いた作文 をゆっくり読みたいと思います。
宮川先生、心から感謝しています。
ありがとうございました。
2014.06.18 ID:132272
毎小スーパー読解「なめとこ山の熊」2年間の期限付きの命、何を残して死ぬのか。生き切るのか。毎日の流れに流され続けることは生きているとは言えない。「君は何を残す」先生の問いかけが遺言のように感じられます。
2014.06.13 ID:132185
明日で1か月ですね。季節が進んでいきます。夏の特講もうないのでしょうか。
2014.06.10 ID:132060
特講4日目掲載。スタッフの皆さんに感謝いたします。
2014.06.09 ID:132049
先生、悪い冗談はやめましょう。みんな首を長くして待っています。また、大声で(笑)ましようよ!先生に会いたいです!またひょっこり現れますね
2014.06.06 ID:131941
日本は貴重な人材を、またひとり亡くしました。非常に残念です。一緒に百人一首したことは、親子共々忘れ得ぬ思い出です!先生の著書はこれからも、読みつづけたいと思います。
2014.06.05 ID:131597
本物の学び場でした。感謝しきれません。
2014.06.05 ID:131593
あまりにも突然すぎて、もっとお話しを伺いたかった、残念でなりません。お疲れ様でした。どなたかわかりませんが、このような場を設けてお別れの言葉を書かせて頂きありがとうございます。
2014.06.04 ID:131532
毎小 4回と言わず続けてほしい。
2014.06.01 ID:131428

ご飯が茶碗に盛られているモノクロの写真1枚だけをみて作文する。
今でも思い出して頭を抱える作文の題材の1つです。
当時の私は「嗚呼、なんて作文研....」と心の中でうなだれながら書いていた記憶があります。
そんな、センチメンタルなハートを谷底に転落させ這い上がるの待ち、何回でも突き落とす先生はもういないのですね。
言いたいことは、山ほどあります。でも言うのはヒトコトだけ。
『ありがとうございました。』
2014.05.27 ID:131244
今朝の毎日小学生新聞で訃報を知りました。『とっちゃんまんのスーパー読解術』は、親子ともども一番楽しみにしていたコラムでしたので、60歳の若さでお亡くなりとのこと、とても残念です。
2014.05.27 ID:131243
毎日、何度もホームページを開いてます。著書も読み返してます。
2014.05.26 ID:131232
これからも親子ともども先生のお話をお伺いしたかったです。ご冥福をお祈りいたします。
2014.05.25 ID:131179
山﨑 ひろみ
突然の事で信じられません。先生は、いつも優しくにこにこ笑顔でアドバイスして頂きました。先生にお会いすると頑張らなきゃいけないなと元気を頂きました。これからは、先生の教えを励みにより精進して参ります。本当にご指導ありがとうございました。先生にお会い出来たことが私にとっての宝物です。先生、お会いしたいです。ありがとうございました。
2014.05.22 ID:131113
伊藤 政人
未だに信じられません。先生の教えは永遠に心の中で生きています
2014.05.21 ID:131051
本当に死んだのですか?信じられません。
2014.05.21 ID:131049
遠藤恵子
突然の訃報でショックです。先生は、いつも明るくあの笑顔とお声が忘れられません。安らかにお楽になられて下さい。有難うございました
2014.05.21 ID:131048
きらららら しょうた
ありがとう存じました。
2014.05.21 ID:131047
きらららら しょうた
数日したら、どんなことを考えたかなぁ〜?と、悪い冗談だったと笑って仰るはずだと、子供達は信じて疑いません。つい先日までお世話になっておりましたのに、信じられないというのが今の本音です。
2014.05.21 ID:131046
いつまでもお元気でいて下さるものと思っておりました。
あまりの突然の事で、言葉がが出ません。先生にまだまだ教えて頂きたいことがたくさんありました。     親子共々、大変お世話になりました。
先生、ありがとうございました。
2014.05.21 ID:131045
子供に付き添って行き、待合室で、先生の授業を盗み聞きするのが好きでした。先生との出会いは、私達の財産です。ありがとうございました。
2014.05.21 ID:131042
先生と出会い、考えること、書くことの楽しさを教えていただきました。有り難うございました。
2014.05.21 ID:131041
お教室では、兄弟でお世話になりました。
毎日子供新聞でも。
ありがとうございました。
2014.05.21 ID:131039
泣いています

2014.05.21 ID:131038
ありがとうございました。
2014.05.21 ID:131035
先生、本当に有難うございました。
2014.05.21 ID:131020
先生、ありがとう
2014.05.21 ID:131013
本当に驚いて、言葉もありません。
忘れません。。。
2014.05.21 ID:131012
びっくりしました。ご冥福を心よりお祈りします
2014.05.21 ID:131010
お悔やみ申し上げます
2014年05月14日に亡くなった人