死去ネット

原老柳

はら ろうりゅう
1783 - 1854
医師
原老柳さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.10.03 ID:200928
大島 明人
私(81歳)は老柳翁の曾孫です。老柳の末子 米六 は神戸の豪商 大島屋に婿入りし、その子 一雄(私の父、故人)は帝国大学を出て建築家になりました。
勤務で西宮在住中、医師・大学の先生方と老柳顕彰会を持ち、乏しい資料ながらそれなりに成果を得ました。顕彰会の先生方で御存命は小西義麻呂先生のみとなりました。
小西先生はその後も老柳発掘に熱意を注がれ冊子や講演で普及に務められております。
『原老柳の生涯』を著された松本順司氏とは執筆の過程で知見の交換をさせていただきました。
手元の老柳翁の資料、掛図、所持品は全て西宮資料館に寄贈してあります。
今は群馬県に定住していますが、年に一回欠かさず息子・娘家族と西宮・満池谷の墓にお参りしています。
2017.01.23 ID:172257
山本 よしのり
“幕末大坂の名医 原老柳”私の母、戸田安のお爺さんになり、私も少ない直系子孫として誇りに思いますが、母は両親に若くして死に別れたので、残念です。母も余り我々には、お爺さんの話は、それ程言わなかったですが、晩年には色々と探したと姉から聞きました。
2013.07.01 ID:127767
お悔やみ申し上げます
1854年06月01日に亡くなった人