死去ネット

及川道子

おいかわ みちこ
1911 - 1938
映画女優
及川道子さんについて
昭和4年、清水宏監督作品『不壊の白珠』で女優デビュー。
清水作品のヒロインを数多く務める傍ら、松竹蒲田の知性派女優として多数の監督作品に出演。
しかし、現存する作品は清水宏監督作品『不壊の白珠』『港の日本娘』五所平之助監督作品『愛撫(ラ・ムール)』島津保次郎監督作品で遺作となったトーキー映画『家族会議』の4本のみとなっている。
著書に『いばらの道』がある。
及川道子さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.09.04 ID:197583
生前の貴方の画像を見て、愕然としました。こんなに綺麗な方がいらっしゃったなんて。26という若さで旅立たれた貴方は、不運な人生を駆け抜けていかれたのですね。
その当時の映像の世界に身を置くことは決して楽なことではないでしょう。貴方の生き方に敬意を称したいです。
2013.07.01 ID:126830
お悔やみ申し上げます
1938年09月30日に亡くなった人