死去ネット

小栗忠順

おぐり ただまさ
1827 - 1868
幕末の幕府官僚
小栗忠順さんについて
勘定奉行、江戸町奉行、外国奉行。
安政7年(1860年)、遣米使節として、ポーハタン号で渡米。
官軍により斬首(群馬県高崎市倉渕町水沼)
小栗忠順さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.07.17 ID:190114
 日本のため、幕府のため、奔走された先生のご尽力に敬意を表するものです。
 ご冥福をお祈り申し上げます。
2017.04.03 ID:179411
 日本のため、幕府のため、奔走された先生のご尽力に敬意を表するものです。
 ご冥福をお祈り申し上げます。
2017.03.15 ID:177645
 日本のため、幕府のため、奔走された先生のご尽力に敬意を表するものです。
 ご冥福をお祈り申し上げます。
2016.08.22 ID:163159
あなたのしたことは官僚として立派と思います
ご冥福を祈ります
2016.08.21 ID:163152
日本のため、幕府のため、奔走された先生のご尽力に敬意を表するものです。
ご冥福をお祈り申し上げます。
2016.07.04 ID:160743
在りし日のご活躍をしのび、ご冥福を祈念申し上げます。
2016.06.11 ID:159696
幕末の日本のために、ご苦労いただいたことに敬意を捧げます。
幕府は、小栗先生の献策のごとく、江戸を守って一戦に及ぶべきでした。やせ我慢が大切です。江戸が灰になったとしたら、強引に攻撃したであろう薩長の責任です。、
2016.05.27 ID:159086
陸援隊の志士が中岡の仇を討つという私怨ではなかったかという仮説を思案しています。
2013.07.01 ID:124239
お悔やみ申し上げます
1868年04月06日に亡くなった人