死去ネット

中林竹渓

なかばやし ちくけい
1816 - 1867
南画家
中林竹渓さんについて
幕末の画家
煎茶席の掛軸としてよく好まれ、
またそれ以上に身近な草花や動物、
風景などを描く景物画は、
手頃な床掛けとして広く愛好された
中林竹渓さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2013.07.01 ID:103278
お悔やみ申し上げます
1867年04月22日に亡くなった人