死去ネット

長松英一

ながまつ ひでかず
1892 - 1953
解剖学者
長松英一さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.03.06 ID:227116
叔父上、お亡くなりになりもう64年になりますか。懐かしいお姿を一日も忘れません。解剖室にお邪魔し、机の上のシャレコウベを何故ながら「人間は死んでこんなにきれいなのだよ」と話して下さったのは私の小学5年の時でした。あれから60年有余。今父三郎の事と長松家の事を調べて息子や孫たちに伝えたいと、調べ始めました。周防にも行きたいと思いますが私ももう80です。その前に伯母の長岡千恵子さんの息子実さんに会いたいと連絡を取ろうと云もっています。御元気なら宜しいのですが・・・またお便りします。
2017.03.21 ID:178163
守隨 吾朗
おじさん天国でお元気に活躍しておられますか。今日は三郎の子ども孫たち3世代が集まり、弟さん=おじさんの義郎さんのお子さん真人さんも来てくださいます。これから長松家のつながりを再建していきたいと思います。またお便りします。
2017.03.21 ID:178162
おじさん天国でお元気に活躍しておられますか。今日は三郎の子ども孫たち3世代が集まり、弟さん=おじさんの義郎さんのお子さん真人さんも来てくださいます。これから長松家のつながりを再建していきたいと思います。またお便りします。
2015.01.14 ID:137938
守隨吾朗
おじさんのことは忘れません。名前を付けてくださった守隨の吾朗です。私も今年喜寿。お世話になった杉山ちささんの顕彰碑が名古屋の千種公園に名古屋市長の手によって除幕されました。昨年の11月です。99歳のお誕生も終わりました。まだまだ活躍してくださいます。私は今ロスアンゼルスに来て、孫の面倒を見ています。今夜は息子に長松家の話をしなければと思っています。この欄をこのLAに来て発見しましたので、これからたびたび投稿します。お二人の方の投稿があります。ぜひ仲間に入れていただきたいと思っています。ではまた次回に。再会。お知らせ、将二は29歳で死に、昨年順一郎が死にました。父三郎の50回忌も過ぎました。義郎叔父もなくなり、みつは叔母もなくなりました。ともに私がNYに来ているときでした。あの世の方がにぎやかになっています。再会を楽しみに。
2013.07.01 ID:103169
お悔やみ申し上げます
1953年11月26日に亡くなった人