死去ネット

阿弖流為

あてるい
- 802
8世紀後半 陸奥国胆沢地方を本拠とした蝦夷の首領
阿弖流為さんについて
 桓武天皇の意を受けた征夷大将軍坂上田村麻呂と戦うも、最終的には仲間のモレとともに降伏。田村麻呂は蝦夷懐柔の観点から助命を進言したといわれるが、降伏後すぐに斬首となる。
 なお、今日専ら左翼系知識人により、武力による関東の独立を試みた平将門とともに日本古代史上における反権力の英雄とみなされることがあるが、阿弖流為は将門のように武力によって東北全土の統一を試みた訳ではなく、またそもそも、将門が関東独立の前提として自らが桓武天皇の子孫であることを根拠に「新皇」を称したことを考えれば、この二人を同一視するのはイデオロギッシュなものといわざるを得ないであろう。
阿弖流為さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.03.06 ID:227051
 あなたが朝廷に処刑されて以降、東北は奥州藤原氏から戊辰戦争の合津に至るまで、(全部が全部という訳ではありませんが)受難続きでした。あなた同様野蛮人とされた隼人の、その後の島津氏の歴史とは対照的です。

 謹んで、ご冥福をお祈り致します。

                     勝見 一樹
2013.07.01 ID:101486
お悔やみ申し上げます