死去ネット

ガブリエル・ガルシア・マルケス

がぶりえる がるしあ まるけす
1928 - 2010
南米コロンビア出身のノーベル賞作家
ガブリエル・ガルシア・マルケスさんについて
マルケス氏はコロンビアに生まれ、1961年からメキシコに移り住み、執筆活動をする傍ら、報道や映画にも携わった。魔術的リアリズム(表現技法の1つ)の代表的な人物として知られ、1982年ノーベル文学賞を受賞している。代表作に「百年の孤独」や「予告された殺人の記録」などがある。マルケス氏がノーベル文学賞を受賞した後、中国の作家や大学が「百年の孤独」を必読本と提唱するなど、中国にも大きな影響を及ぼしたが、マルケス氏がノーベル賞を受賞した後に中国の出版社が販売した彼の著書はすべて無断だったという。1990年、マルケス氏は北京市や上海市に訪れた際に、書店に並ぶ自身著書の海賊版に、「私が死んで150年経っても中国の版権は認めない。『百年の孤独』はなおさらだ」と憤っていた。MSNトピックスより引用
ガブリエル・ガルシア・マルケスさんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2014.04.18 ID:94662
お悔やみ申し上げます
2010年04月17日に亡くなった人