死去ネット

湯浅叡子

ゆあさ えいこ
1927 - 2014
千里文化財団顧問
湯浅叡子さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
3時間前 ID:211965
湯浅様に、同志社大学の演劇の一部の、つかこうへいシリーズについてお話をさせて戴いたことがございました。

湯浅が、つかこうへいシリーズ「飛龍伝」のお話など、よく御存知でいらっしゃったことに一同驚き、今も一同、心に留めております。

特に、「天上桟敷の人々」についてのはお話は、一同、今も覚えております。

ありがとうございました。

4時間前 ID:211963
国立民族学博物館は、来年(戌年)のカレンダーに「犬」をテーマにした素晴らしいカレンダーをつくられたようでございます。

湯浅様が、訓練犬の能力・寄付についてお話をされていたことが、つい昨日のように思えます。
7日前 ID:210602
湯浅様から、「犬」につきまして、介助犬・盲導犬・警察犬のお話、「フランダースの犬」の物語等、さまざまなお話をお伺い致しました。
ありがとうございました。

来年は、犬年です。
湯浅様からの恩恵を忘れず、有志一同、来年も日々精進してまいります。
2017.11.21 ID:208135
1980年代、国立民族学博物館の教授(アラスカ研究が御専門の教授)も所属されていた研究会で、アラスカ進出の日本企業の経営者の(刊行物の)お手伝いをしたお話を(湯浅様に)させて戴いたことがございました。

某企業がアラスカでの事業展開の際、(アラスカの自然環境保護を主張される)現地住民の方々との異文化コミュニケーションが重要であった等のお話でざいました。

あれから、長い年月を経て、今もなお、同じようなことが様々な地域で問題になっています。

あのときも、様々なご意見を賜りました。
ありがとうございました。
2017.11.18 ID:207815
湯浅様と「アラスカのマッキンレー山・ポーテージ氷河・森林」のお話をさせて戴いたことがございました。

今、世界で「環境」が、より深刻な時代になっております。

「人類も大自然の一部であり、そして、いつか自然に戻る」というお話等、ふと思い出しております。

とくに、最後の、人生で何をしたいのか考えなさい、人生という空間・時間の中で自分の「とき(時)」をとりなさい、という御言葉、ありがとうございました。

いつか、機会があれば、後輩(沢山の後輩がお世話になりました)にも伝えます。
2017.11.17 ID:207697
湯浅様が雑談で、「万博公園の草花や木々、小鳥と対話することができて、環境フォーラムを開くことができれば、どんなフォーラムになるでしょうね。人類は、大自然の前では、常に謙虚でなければなりませんね。」とお話下さったことが、今も心に残っています。
2017.11.14 ID:207315
湯浅様の下で勤務させて戴き、「大きなコミュニケーションは、小さなコミュニケーションの1つ1つの積み重ねです。」ということを学ばせて戴きました。

ありがとうございました。
2017.11.14 ID:207297
湯浅様から「人生という旅で、人は様々な道を選択しますが、その道をきわめた方が見えてくるものには、共通点があります。貴女も何かで道をきわめて下さい。」というお話等、いろいろなお話を伺いました。

私は、まだ道をきわめておらず、後輩には、湯浅様から賜ったお話の一部しか伝えられずにいるため、こうして追悼メッセージを残させて戴いております。
2017.11.09 ID:206745
湯浅叡子様がお話下さった「異文化理解」という御言葉から、「異文化理解を学ぶ国立民族学博物館で、世界のいくつかのグローバル企業が、社員研修をされる企画があればよいのになぁ。」等、トランプ米大統領の来日から、ふと、思ったりしております。

湯浅叡子様と、「外交政策も経済政策に大きく影響を与える」というお話をしていたことが、つい昨日のように思われます。

2017.11.06 ID:206401
1980年代、パパ・ブッシュ大統領の京都訪問の折、元(京都の)公安委員で「国立民族学博物館友の会の維持会員」だった家族が、アメリカ大使館の方・警察関係者の方・京都市役所の方と、「国立民族学博物館のイスラム研究の御本」について話をしていたことがありました。

あれから、30年近く経ちましたが、湯浅叡子様の御言葉「様々な分野で異文化理解が重要な時代になってきています」を、トランプ米大統領の来日に際し、ふと思い出させて戴きました。

ありがとうございました。
2017.11.01 ID:205461
「物事を考えるとき、狭い範囲・狭い世界の中で考えてはいけません。」という御言葉を戴きました。

ありがとうございました。
2017.10.31 ID:205338
湯浅叡子様より、「職場で悩み事があったとき、何かで圧倒的な技能をつけなさい。そうすれば、様々な道が開けてくるでしょう。」との御言葉を戴きました。

まだまだですが、1歩ずつ歩み続けています。
ありがとうございました。
2017.10.10 ID:202118
湯浅叡子様が、雑談と称されて、青少年の育成に関するお話として、子どもの本のお話(『不思議の国のアリス』や『星の王子さま』など)や、女性の健康管理に関するお話(子宮がん検診や乳がん検診など)に至るまで、さまざまなお話をして下さいました。

エッセイなどにしていただきたかったです。
2017.10.03 ID:200874
湯浅叡子様が、オックスフォード大学の研究者に関する以下のエピソードをお話下さり、「領域を超えた学問のあり方」を、様々な角度からご指導下さいましたことが、とても印象的でした。

(1)オックスフォード大学の異文化コミュニケーション論の研究者が、「花は紅、柳は緑」という語に大変関心を持たれていた、というエピソード

(2)オックスフォード大学で、美術の分野で「人体の絵」を描いておられた方が、「人体」に関心を持たれ、医者になられた、というエピソード
 
 素晴らしい時間を、ありがとうございました。
2017.09.26 ID:200066
同志社同窓会有志一同
紫(同志社カラー)のスーツを愛用され、経済界の方々に「国立民族学博物館の意義(異文化理解への貢献)」を熱く語られていたお姿が、つい昨日のように思われます。
2017.09.22 ID:199647
国立国会図書館で「国際経営」の本を読むたび、湯浅叡子様が残されたメッセージを思い出します。
2017.09.22 ID:199645
国立国会図書館で「国際経営」の本を読むたび、湯浅叡子様が残されたメッセージを思い出します。
2017.09.19 ID:199288
(元)東北管区警察局長でグローバル企業の役員でもあられた方からの御紹介で、湯浅叡子様の下で勤務させて戴きました折、賜りました(先の時代をよまれた)御言葉「企業がグローバルに事業展開をしていくには、異文化を学ぶこと、多様な価値観があることを学ぶことが重要です。これからは、益々それが重要な時代になるでしょう。」を、様々な報道に触れるたび、思い出させて戴いております。

ありがとうございました。
2017.07.04 ID:188700
同志社高校同窓会有志一同
(故)佐々木高明・国立民族学博物館長が、同志社高校の恩師の京都大学の学生時代の友人であられたことから、佐々木高明館長から「稲作文化」についてご指導を戴きました。

ありがとうございました。


2017.06.30 ID:188238
実父が、公安委員の業務に20年(5期間)従事しておりました折にも、お世話になりました。

ありがとうございました。
2017.04.21 ID:181173
同志社大学同窓会有志一同
湯浅様から賜った御言葉「人脈は、財産です」を大切に精進してまいります。
2017.03.03 ID:176172
故美馬陽の家族
故美馬陽が「国立民族学博物館友の会」の維持会員として、約10年間(孫娘の小堀朋子の在職中の10年間です)お世話になり、ありがとうございました。

故美馬陽は、理科系の仕事に従事しておりましたが、友の会の午餐会に参加するのを楽しみにしており、民博の先生方の御本で「生涯学習」をさせて戴いておりました。特に、梅棹忠夫先生の『文明の生態史観』は、何度も読ませて戴いていたようです。

2017.03.01 ID:175963
小堀朋子
千里文化財団在職中には、(国立民族学博物館案内所の主任・故宇治常務理事の秘書として)以下の恩恵を賜り、誠に有難うございました。

(1)故宇治常務からは、(宇治常務のお父様の)今西錦司先生の「動植物学から人類学」について、少しご指導戴き文献を読ませて戴きました。

(2)故川平恵一郎顧問からは、「大阪万博における松下館の意義」についてご指導を戴きました。
  川平顧問からは、(大阪府企業局長・大阪府土地収用委員もされていたことから)退職後も、テキサスでご家族が工場を経営されていたお話なども伺い、「企業の立地条件」についてもご指導を戴きました。

(3)通勤経路が同じだった故佐々木高明館長からは、「多国籍企業が現地で事業展開をするときの異文化理解」についてご指導を戴きました。

(4)私の紹介の同志社の後輩を7名、学生アルバイトに採用して下さいました。そのうち、職員に採用して戴いた者も2名おりました。

 1980年代~1990年代に賜った恩恵は、次世代教育に貢献することで御恩返しをしたいと思っております。天国から見守っていて下さい。
2015.12.16 ID:151075
お墓は東京青山霊園です
また、京都の同志社共同墓地にも分骨埋葬されています。
2015.12.16 ID:151074
お墓は東京青山霊園です
2014.09.17 ID:134630
ありがとうございました。
2014.03.04 ID:92405
お悔やみ申し上げます
2014年02月28日に亡くなった人