死去ネット

湯浅叡子

ゆあさ えいこ
1927 - 2014
千里文化財団顧問
湯浅叡子さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.07.04 ID:188700
同志社高校同窓会有志一同
(故)佐々木高明・国立民族学博物館長が、同志社高校の恩師の京都大学の学生時代の友人であられたことから、佐々木高明館長から「稲作文化」についてご指導を戴きました。

ありがとうございました。


2017.06.30 ID:188238
実父が、公安委員の業務に20年(5期間)従事しておりました折にも、お世話になりました。

ありがとうございました。
2017.04.21 ID:181173
同志社大学同窓会有志一同
湯浅様から賜った御言葉「人脈は、財産です」を大切に精進してまいります。
2017.03.03 ID:176172
故美馬陽の家族
故美馬陽が「国立民族学博物館友の会」の維持会員として、約10年間(孫娘の小堀朋子の在職中の10年間です)お世話になり、ありがとうございました。

故美馬陽は、理科系の仕事に従事しておりましたが、友の会の午餐会に参加するのを楽しみにしており、民博の先生方の御本で「生涯学習」をさせて戴いておりました。特に、梅棹忠夫先生の『文明の生態史観』は、何度も読ませて戴いていたようです。

2017.03.01 ID:175963
小堀朋子
千里文化財団在職中には、(国立民族学博物館案内所の主任・故宇治常務理事の秘書として)以下の恩恵を賜り、誠に有難うございました。

(1)故宇治常務からは、(宇治常務のお父様の)今西錦司先生の「動植物学から人類学」について、少しご指導戴き文献を読ませて戴きました。

(2)故川平恵一郎顧問からは、「大阪万博における松下館の意義」についてご指導を戴きました。
  川平顧問からは、(大阪府企業局長・大阪府土地収用委員もされていたことから)退職後も、テキサスでご家族が工場を経営されていたお話なども伺い、「企業の立地条件」についてもご指導を戴きました。

(3)通勤経路が同じだった故佐々木高明館長からは、「多国籍企業が現地で事業展開をするときの異文化理解」についてご指導を戴きました。

(4)私の紹介の同志社の後輩を7名、学生アルバイトに採用して下さいました。そのうち、職員に採用して戴いた者も2名おりました。

 1980年代~1990年代に賜った恩恵は、次世代教育に貢献することで御恩返しをしたいと思っております。天国から見守っていて下さい。
2015.12.16 ID:151075
お墓は東京青山霊園です
また、京都の同志社共同墓地にも分骨埋葬されています。
2015.12.16 ID:151074
お墓は東京青山霊園です
2014.09.17 ID:134630
ありがとうございました。
2014.03.04 ID:92405
お悔やみ申し上げます
2014年02月28日に亡くなった人