死去ネット

布川了

ふかわ さとる
1925 - 2013
田中正造研究の第一人者
布川了さんについて
早稲田大を卒業後、館林市内の小中学校で教師を務めた。在職中の一九七三年、水俣病の全国大会に参加し、日本の近代化に伴って起きた足尾鉱毒事件の研究に没頭した。正造の思想と運動を継承する市民団体「渡良瀬川研究会」を結成し、代表として公害の研究に傾注した。
 東京電力福島第一原発事故後、鉱毒事件による農作物被害や栃木県の旧谷中村の廃村などと重ね、「人災の頂点」と訴えた。
 著書に「田中正造と天皇直訴事件」や、東京新聞の堀内洋助カメラマンが写真を担当した「田中正造と足尾鉱毒事件を歩く」などがある。(東京新聞より引用)
布川了さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2013.11.28 ID:90870
お悔やみ申し上げます
2013年11月27日に亡くなった人