死去ネット

神沢和夫

かみざわ かずお
1929 - 2003
現代舞踊家 元近畿大教授 大阪市
神沢和夫さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2018.01.15 ID:220485
長谷堂いく子
あつというまに年月がたちました。神沢先生からの宿題を頂き、まだ答を模索中です。多く教えて頂き、今の私の活動の源になっています。まだ実感ありませんが作品は創りつづけます。
2018.01.15 ID:220484
あつというまに年月がたちました。神沢先生からの宿題を頂き、まだ答を模索中です。多く教えて頂き、今の私の活動の源になっています。まだ実感ありませんが作品は創りつづけます。
2014.05.19 ID:130920
林田鉄
神沢さんが死んだ。

 2月の幹事会からはじまり、毎月のように会合を重ね、順調に準備を進めてきた高校15期会の同窓会開催に、驚天動地、突然の暗雲が垂れ込めた。卒業後40年の記念開催に講演をお願いしていた神沢先生の訃報が届いたのである。9月7日、日曜日の朝だった。前日の夕刻、入院先で家族のみに看取られての臨終だったという。享年74才。
考えられない悲報であった。5月にお願いにお伺いした時は、あんなに元気だったじゃないか。昼過ぎから夕刻まで、独り舞台のように喋りつづけていた。7月の時だってそうだ、咳がでて仕方ないんだと云いつつ、先と同様、夕刻まで神沢節の独壇場はつづいた。入院すると聞き、駆けつけた時も、「なに、検査入院だから心配するな。15期会には行けるさ、きっと行くさ。」なんて、神沢さんらしくまだ強がっていた。だから、ひょっとすると出席できなくなるかもしれない。そのときはせめて録音で挨拶くらいは貰わないといけないな、とは思っていたけれど、まさかこんなに急に逝ってしまうなんて、まったく想像の埒外だった。葬儀は密葬に近いかたちで粛々と執り行われ、9月10日付、新聞各紙に訃報記事が掲載された。
2013.09.20 ID:87260
お悔やみ申し上げます
2003年09月06日に亡くなった人