死去ネット

坂部恵

さかべ めぐみ
1936 - 2009
桜美林大学教授。東大名誉教授。九条の会賛同人。
坂部恵さんについて
“坂部 恵(さかべ めぐみ、男性[1]、1936年2月11日 - 2009年6月3日)は、日本の哲学者。




目次
[非表示] 1 来歴・人物
2 著書
3 編著
4 翻訳
5 脚注


来歴・人物

神奈川県生まれ。

成蹊小学校、成蹊中学校・高等学校卒業。[2]

1959年、東京大学文学部哲学科卒業。1965年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。[3]

1965年より國學院大學専任講師、ついで東京都立大学助教授、東大文学部哲学科助教授、教授。1997年の定年退官後は桜美林大学教授を務めた。東大名誉教授。九条の会賛同人[4]。

イマヌエル・カント、和辻哲郎、九鬼周造を研究対象とし、1976年、和辻の「面とペルソナ」を出発点とした『仮面の解釈学』で哲学奨励山崎賞受賞。1986年、『和辻哲郎』でサントリー学芸賞受賞。

2002年、紫綬褒章受章。岩波書店版『カント全集』の監修を行った。晩年に『坂部恵集』が出版された。[5]

2009年6月3日、神経膠芽腫(悪性の脳腫瘍)により死去。[6]

追悼出版に『坂部恵 精神史の水脈を汲む 別冊水声通信』(水声社、2011年6月)がある。”
坂部恵 - Wikipedia
坂部恵さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2013.07.01 ID:70398
お悔やみ申し上げます
2009年06月03日に亡くなった人