死去ネット

永山則夫

ながやま のりお
1949 - 1997
作家。永山則夫連続射殺事件 連続ピストル射殺事件 警察庁広域重要指定事件 警察庁広域重要指定 死刑囚
永山則夫さんについて
永山 則夫(ながやま のりお、1949年6月27日 - 1997年8月1日)は、1968年から1969年にかけて連続ピストル射殺事件(警察庁広域重要指定108号事件)を引き起こした刑死者(元死刑囚)である。北海道網走市生まれ。明治大学付属中野高等学校定時制中退。

1969年の逮捕から1997年の死刑執行までの間、獄中で創作活動を続けた小説家でもあった。1983年、小説『木橋(きはし)』で第19回新日本文学賞を受賞。
永山則夫さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2013.07.01 ID:60871
お悔やみ申し上げます
1997年08月01日に亡くなった人