死去ネット

都井睦雄

とい むつお
1917 - 1938
日本最大の大量殺人事件・津山事件(津山三十人殺し)の犯人
都井睦雄さんについて
津山事件(つやまじけん)または津山三十人殺し(つやまさんじゅうにんごろし)は、1938年(昭和13年)5月21日未明に岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。 一般には津山事件と呼ばれ、犯人の姓名を取って都井睦雄事件ともいう。

犯行が行われた2時間足らずの間に28名が即死し、5名が重軽傷を負った(そのうち12時間後までに2名が死亡)。なお、犯行後に犯人が自殺したため、被疑者死亡で不起訴となった。

横溝正史が同じく大量殺人を扱った八つ墓村のモチーフにした事件とも言われる。
都井睦雄さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.11.05 ID:206339
死刑反対
気持ちはわかります。
2013.07.01 ID:34724
お悔やみ申し上げます
1938年05月21日に亡くなった人