死去ネット

中原中也

なかはら ちゅうや
1907 - 1937
詩人 歌人 翻訳家
中原中也さんについて
明治四十年 父 謙助と母 フク の長男として山口県山口市に生まれる。八歳の時、病没した弟を謳ったのが最初の詩作という。
昭和四年 大岡昇平らと共に同人誌『白痴群』を創刊。
長谷川泰子と結婚。そして長男が生まれる。
昭和十一年、長男が死去。ショックで精神が不安定となり、昭和十二年、『在りし日の歌』の清書を終え、小林秀雄に託す。
まもなく結核性脳膜炎を発症し入院。そして死去した。
『在りし日の歌』はその死の翌年に刊行された。
代表作は、『朝の歌』『在りし日の歌』
中原中也さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.04.06 ID:179730
さくらんぼ
汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところなく日は暮れる・・・・・

「汚れつちまつた悲しみに」
小学生のころ知りました。
最後の4行、深く深く、心に残っています。
2017.04.06 ID:179685
あなたは、よくやった
2013.07.01 ID:34627
お悔やみ申し上げます
1937年10月22日に亡くなった人