死去ネット

芥川龍之介

あくたがわ りゅうのすけ
1892 - 1927
小説家
芥川龍之介さんについて
芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。号は澄江堂主人、俳号は我鬼。

その作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」「歯車」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。
Wikipedia
父 新原敏三、母 ふく の長男として東京の京橋に生を受ける。
芥川龍之介さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
14時間前 ID:238745
藪の中が映画、羅生門の元ネタですね。
良い映画でしたよ。
欧州でも好評で大賞を受賞しました。
戦後、間もなくの受賞でした。
14時間前 ID:238743
あなたの残した文学に助けられて、青年期をやりすごすことができました。

ありがとうございました。
2013.07.01 ID:31839
お悔やみ申し上げます
1927年07月24日に亡くなった人