死去ネット

秋山真之

あきやま さねゆき
1868 - 1918
軍人
秋山真之さんについて
海軍兵学校17期生  海軍中将
愛媛県出身 日本海海戦連合艦隊参謀
     天嶮漫録の抜粋
細心焦慮は計画の要能にして、虚心平気は実施の原力なり。

 天剣漫録の一節。細心:細かいところまで心を配ること。焦慮:焦って苛立つこと。虚心:心に何のこだわりも持たずに、素直であること。真之は他の文章でも「虚心平気」という言葉をよく使っている。

 
秋山真之さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2016.06.24 ID:160272
塩屋隆男
日本海海戦を勝利に導いて下さったこと心から御礼申し上げます。
2016.02.27 ID:154976
「坂の上の雲」を読みました。ご兄弟の活躍は日露戦争に大きく貢献なされました。   合掌
2016.01.30 ID:153619
藤沼則夫
「天剣漫録」30章は閣下の30歳時の殴り書き随想だといわれてますが、其の洞察名文は現代に於いても十分な説得力を以って通用するものです。座右銘としております。  合掌安らかにと
         日本会議小山
2014.07.21 ID:133109
日本海海戦を勝利に導いた参謀に合掌
2013.07.01 ID:30024
お悔やみ申し上げます
1918年02月04日に亡くなった人