死去ネット

夏目漱石

なつめ そうせき
1867 - 1916
小説家 評論家 英文学者
夏目漱石さんについて
夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名、金之助(きんのすけ)。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。

大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書く。

その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。
Wikipedia
夏目漱石さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2016.12.09 ID:169361
漱石 先生

かつて先生に様々な書物をご注文
いただいていた、丸善株式会社を
覚えておいででしょうか。

先生亡き後、100年。

建物は何度も変わりましたが
同じ場所で変わらずに
本日も営業しております。

この先の100年も、丸善株式会社が
多くの人々に愛されますように。

本1冊、萬年筆のインク1つでも
是非とも丸善で買いたい、
そう人々に思っていただけるような
会社でありますように
どうかお見守り下さいませ。

日本橋丸善の
小さな応援団長より







2014.12.01 ID:136662
様々な作品をどうもありがとうございました
2014.10.12 ID:135280
月が本当に綺麗で困っています
安らかにお眠りください
2014.05.30 ID:131338
あの世からお見守りください。
2014.05.21 ID:131011
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。本当にその通りですね。
2013.07.01 ID:29522
お悔やみ申し上げます
1916年12月09日に亡くなった人