死去ネット

大塩平八郎

おおしお へいはちろう
1793 - 1837
儒学者 大坂町奉行 与力
大塩平八郎さんについて
大塩 平八郎(おおしお へいはちろう、1793年3月4日(寛政5年1月22日) - 1837年5月1日(天保8年3月27日))は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。大塩平八郎の乱を起こした。

通称は平八郎、諱は正高、のち後素(こうそ)、字は子起、号は中斎。大塩家は代々、大坂東町奉行組与力であり、平八郎は初代の大塩六兵衛成一から数えて8代目にあたる。大坂天満の生まれ。かつては平八郎が養子で阿波国の生まれとする説も存在したが、乱に関する幕府評定所の吟味書の記述などから養子である可能性は否定されている。平八郎の実の祖父・政之丞が阿波国脇町の出身で、与力大塩氏に養子に入ったことから、この祖父と混同されたと考えられる。
Wikipedia
大塩平八郎さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.12.21 ID:217215
小学校六年生の時に歴史の授業で習って以来貴方を尊敬しています。与力時代は不正と戦ったり、与力をやめてからも飢饉の時に人々を救う為に学者でありながら自分の本を全部売り払ってお米を買い与えたり、人々を救う為に弟子と乱を起こしたりなど貴には脱帽です。僕も貴方のような立派な人間になって世の中の為に活動したいです。
2013.07.01 ID:25037
お悔やみ申し上げます
1837年05月01日に亡くなった人