死去ネット

平将門

たいらの まさかど
902 - 940
平良兼 藤原村雄 新皇 相馬小次郎 滝口小次郎
平将門さんについて
平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。

平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。桓武天皇5世。下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国衙を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。死後は御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られる。武士の発生を示すとの評価もある。合戦においては所領から産出される豊富な馬を利用して騎馬隊を駆使し、反りを持った最初の日本刀を作らせたとも言われる。
Wikipedia
平将門さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2017.05.01 ID:182171
ママちゃん
愛してる、又娘と会いに行くね
2016.05.03 ID:158108
この頃、女性にもてますね。ちょっと、どうなの。。
2016.05.03 ID:158105
愛実
私を見守ってくださいね。
2014.06.11 ID:132092
あの世では安らかにお過ごしください。
2013.07.01 ID:4315
お悔やみ申し上げます