死去ネット

菅原道真

すがわら の みちざね
845 - 903
貴族 漢詩人 政治家
菅原道真さんについて
菅原 道眞(すがわら の みちざね / みちまさ / どうしん、承和12年6月25日(845年8月1日) - 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。官位は従二位・右大臣。贈正一位・太政大臣。

忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇った。しかし、左大臣藤原時平に讒訴(ざんそ)され、大宰府へ権帥として左遷され現地で没した。死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となる。現在は学問の神として親しまれる。

小倉百人一首では菅家。

Wikipedia
菅原道真さんへコメントする
あと500文字入力できます
(以下未入力でも投稿できます)
お名前
削除キー
画像
テストページ で投稿のテストが出来ます。
使い方は 投稿について をご覧ください
2016.08.15 ID:162815
小生五山
心よりのご冥福、追善追福をお祈り申し上げます。
2014.05.30 ID:131346
あの世では安らかにお過ごしください。
2014.05.23 ID:131114
ご冥福をお祈り申し上げます。
2013.07.01 ID:4106
お悔やみ申し上げます
903年02月25日に亡くなった人